大手キャリア3社の回線をレンタルし、設備費用などのコストを抑えることで料金の安さを実現している格安SIM。, mineo(マイネオ)や楽天モバイル、LINEモバイル、OCNモバイルONEなど、多くの格安SIMがドコモ回線を利用しています。, ドコモで購入したスマホ端末を使用する場合、ドコモ回線をレンタルした格安SIMならSIMロック解除なしで使用可能。, 作業は3分ほどで終了するとっても簡単なもの。この記事を参考にぜひSIMロック解除してね。, この記事ではSIMロック解除の条件や手順、またSIMロック解除せずに利用できるオススメの格安SIMなどを紹介します。, SIMロックとは、大手3キャリアであるau・ドコモ・ソフトバンクが、他社への乗り換えを阻むために、スマホに自社のSIMカードしか対応しないようかけているロック(鍵のようなもの)。, 以前は購入者本人しかSIMロック解除ができませんでしたが、2019年2月より中古端末のSIMロック解除もできるように条件が緩和されました。, ただしiPhoneは他社同様、iPhone6s以降のみSIMロック解除可能なんだ。, ドコモのスマホ端末は、2015年5月以降に発売された機種とそれ以前に発売になっている機種とで、SIMロック解除条件が少し違います。, 大きな違いは、2015年4月までにドコモで発売されたスマホ端末はドコモショップでのみSIMロック解除が可能ということ。, ドコモのスマホのSIMロック解除を、ショップや電話ですると3,000円の手数料がかかりますが、ドコモの公式サイトから自分で解除手続きを行えば無料です。, ただし先ほども紹介しましたが、2015年4月以前にドコモで発売されたスマホ端末は、ドコモショップでのみSIMロック解除ができます。つまり3,000円の手数料が必要です。, スマホ・パソコンからオンライン上でSIMロック解除する手順を、画像つきで詳しく説明します。, My docomoページに入ると、「d ログイン」というバナーがいくつも表示されるので、いずれかをタップしてください。, もしdアカウントをまだ発行していない人は、ここで手続きをします。もちろん無料です。, My docomoにログインし、下にスクロールすると「その他のお手続きはこちらから」というボタンがあるのでタップ。, 格安SIMに乗り換えることで、スマホの月額料金を2,000円以下に抑えることも可能です。, でもSIMロック解除しなくてもそのまま格安SIMに乗り換える方法があるんだよ。紹介するね!, ドコモの回線をレンタルしている格安SIMであれば周波数や電波帯が同じなので、ほとんどの場合SIMロック解除せず格安SIMに差し替えることができるんです。, 多くの格安SIMがドコモ回線を利用しているので、ドコモで購入したスマホ端末は多くの格安SIMで利用できる可能性が高いです。, 大手キャリアから乗り換えましたが、使い勝手はほとんど変わらず、月額料金は激減。毎月8,000円ほど安くなりました。年間約10万円の節約に繋がると思うと、もっと早く乗り換えればよかったと後悔しています。, LINEモバイルなら、最低容量の1GBプランからLINEアプリの使用はデータ容量を消費しないカウントフリーです。, さらに3GB以上のプランであれば、LINEはもちろんTwitterやインスタグラム、Facebookもカウントフリー。, ドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線のすべての回線をもつLINEモバイルは、今急成長を遂げている格安SIM。, mineoはドコモ回線だけでなくau回線もソフトバンク回線もあるトリプルキャリア。, mineoが人気の理由のひとつに、契約者同士でデータシェアができる「フリータンク」というサービスがあります。, もしデータ容量が足りなくなっても、知らない誰かがデータ容量をくれるという画期的なサービス。困ったときはお互いさま。そんな素敵なサービスがあるのもmineoの魅力です。, また家族や友人とも回線が異なっていても、データ容量を贈ったりもらったりできるのも人気の理由。, SIMロック解除なしで格安SIMに乗り換える方法を紹介しましたが、「それならSIMロック解除しなくてもよいのでは!?」と疑問に思う人もいますよね。, SIMフリー端末については「SIMフリーとは?仕組みとメリットを解説」の記事で詳しく説明しています。, 今後他社回線のSIMを使いたい人や使う可能性のある人は、SIMロックしておくとよいでしょう。, また海外でも自分のスマホをお得に使いたいなら、現地対応SIMを利用するのがおすすめです。, SIMロック解除しておけば、他社回線の利用や海外で現地対応SIMを利用することもできます。, SIMロック解除はショップや電話で行うと、時間もかかるうえ3,000円の手数料が必要です。, 自分でサイトのMy docomoからSIMロック解除手続きすれば無料で、しかもその作業はとっても簡単。, ※1:過去にSIMロックを解除したことがあるなどの条件によっては100日以内の場合でもSIMロック解除可能, ドコモは他社に先駆けて2011年からSIMロック解除ができるようにしてきたため、多くが対応機種となっているよ。, ショップや電話は待ち時間がかかるけど、自分でネットでSIMロック解除すれば、所要時間3分程度でできちゃうよ。, LINEアプリ(トーク・無料通話・タイムラインなど)はデータ容量を消費しないカウントフリー, 3GB以上はLINEアプリだけでなく、TwitterやInstagram、Facebookもカウントフリー!, 3GBからはLINE、Twitter、Instagram、Facebookがカウントフリーの「SNSフリーオプション」が付けられる!, エンタメフリー・オプションならYouTubeやApple Music、 AbemaTVなどの動画や音楽をデータ消費なし(カウントフリー)で視聴できるから、月額のデータ容量は少量でOK!, 050電話(IP電話)を利用するなら、050アプリViverがセットになった「050データSIM」がおすすめ, LINEアプリ(トーク・無料通話・タイムラインなど)はデータ容量を消費しないカウントフリー!, LINEアプリ(トーク・無料通話など)はカウントフリー!つまりデータ容量を消費しません. チャットを始める. ドコモ端末のスマホをsimロック解除する方法と、そのメリットを紹介しました。 simロック解除しておけば、他社回線の利用や海外で現地対応simを利用することもできます。 simロック解除はショップや電話で行うと、時間もかかるうえ3,000円の手数料が必要です。 月々のスマホ代の高さから、格安SIMへの乗り換えを検討している方が増えています。ですが格安SIM会社は数多くあるため、どうやって選べばいいかわからない方も多いでしょう。そこで本記事は、主要格安SIMの月額料金や通信速度を比較します。合わせて、ドコモ・au・ソ... iPhone 12とiPhone 12 Proを比較!サイズ・カメラ性能の違い・どちらが人気?. ・購入日から100日以上経過している、または機種代金を一括で購入した端末である simロック解除は、あくまで端末の使用制限を開放する手続きで、これをしたからといって、ドコモの契約に影響を及ぼすことはありません。ロック解除後もこれまでと変わらずドコモとの契約の継続は可能で、月額料金やその他契約条件もそのままです。 大手キャリアで購入したスマホはSIMロックがかかっています。同じ端末を用いて他社乗り換えをするには、SIMロックを解除しなければなりません。, これは、ドコモユーザーも例外ではありません。ドコモの端末でもSIMロックはかかっています。解除は可能ですが、これには条件があります。, ドコモならではのSIMロック解除の条件や方法を知って、スムーズに手続きを終えましょう。, そもそもSIMロック解除は、一定期間端末を利用しても自動で行われるわけではありません。自身でSIMロック解除手続きを行う必要があります。, 手続き方法は機種の条件によって異なります。機種の条件についても、発売時期によって異なります。まずは、その条件と手続き方法について解説していきます。, ドコモから2015年5月以降に発売された端末なら、基本的に全ての機種がSIMロック解除の対象です。, これ以降の機種は「web」「ドコモショップ」「電話」と全ての方法で解除が可能で、自由度も高く便利でしょう。どの方法でも解除できる点は共通していますが、方法や特徴が異なるため、違いを知っておくことが大切です。, webから解除する場合は、ドコモの公式サイトから「ドコモオンライン手続き」に進むと、解除が可能です。webから行う解除方法は手続きが非常に簡単で、受付時間も24時間のため、特におすすめです。ロック解除の条件さえ満たしているならいつでも解除ができ、かつ手数料もかかりません。, もちろん、全ての作業を自分でやらなければならないため、知識は必要です。しかし、それほど難しくなく、簡単な情報さえあればスムーズに解除できます。, ドコモショップの店頭でも、SIMロック解除は可能です。もちろん契約したショップ以外からでもSIMロック解除は可能となっています。しかし、営業時間は店舗ごとに違うため、時間は事前に確認しておきましょう。, ショップでの解約は、店員と相談しながら手続きを進められるのが魅力です。SIMロック解除について分からないことがあったり、不安があったときは、ショップでの解除がおすすめです。ただし、ショップで解除する場合、手数料が税別3,000円かかります。, ドコモショップでの解約は、全解約方法の中で唯一手数料がかかるやり方のため、手数料を抑えたい人は注意しましょう。ただし、「iモードケータイ」「らくらくホン」「キッズケータイ」といった端末は、ネットでの手続きができないため、ショップでの解除も無料で行えます。, ドコモ回線から電話をかける場合は、「151」にかけると直通でカスタマーサービスに繋がります。以降音声ガイダンスに従って進めると、オペレーターに繋がるため、SIMロック解除したい旨を申し出て、手続きを完了させましょう。, ドコモ回線以外からかける場合は、「0120-800-000」にかけます。番号は違いますが電話がかかる先は同じで、手順にも違いはありません。それぞれ電話代も含めて料金は無料で、解除の手数料も0円です。, ただし、受付時間はどちらの番号からでも9時から20時までと決まっているため、営業時間外にかけないよう注意しましょう。電話も場所を選ばず手続きできるため便利ですが、その分繋がりづらいことも多いです。, 特に週末や休日、平日でも仕事終わりの人がかけやすい夕方以降は混雑しやすく、なかなか繋がらないことも多いため注意しなければなりません。日によって変動はありますが、平日の昼間から夕方あたりまでが、比較的スムーズに繋がりやすいでしょう。, やや古い機種で、2011年4月から2014年4月に発売された端末は、ショップでしかSIMロック解除ができません。この場合も、解除には手数料の税別3,000円が必要なため注意しましょう。, SIMカードの差し替えで他社乗り換えをするなら、機種代不要でコストは確かに安いです。しかし、古い機種でもSIMロック解除は可能なものの、その後も継続して使うことを考えるなら、本体が消耗、劣化していて不便なことも多いです。, ロック解除の手数料がかかることや、本体の劣化を考えると、機種ごと買い替えたほうが良い場合もあります。SIMロック解除ができるからといって、必ずしもSIMカード差し替えがお得とは限らないため、本体の状態も考慮して選ぶことが大切です。, 中古で購入、あるいは譲り受けた端末のSIMロック解除も、通常と条件は同じです。発売時期によって利用可能な手続き方法は変わるため、いつのモデルか確認しておきましょう。, 中古購入の端末の場合、機種自体が新しいなら問題はないでしょう。しかし古いモデルの場合、これも本体の劣化具合をチェックしなければなりません。安く手に入っても、状態があまりにも悪いとSIMフリーにして使い続けるには不向きなため、できるだけ状態の良いものを購入しましょう。, SIMロック解除に対応している機種であることはもちろん、実際に手続きを行うには、それ以外にも条件を満たさなければなりません。, ロック解除の条件は大きく以下の2つに分けられるため、それぞれ詳細な内容まで把握しておきましょう。, インターネットの利用制限とは、スマホの使用料金の滞納や不正入手の場合にかけられる制限です。これがかかっていると、そもそもネットを利用できないため、ネット経由でのSIMロック解除はできません。また、ショップに持ち込んでも解除手続きをしてもらえないため注意が必要です。, インターネットの利用制限にかかっているかどうかは、下記参考の、「ネットワーク利用制限携帯電話確認サイト」よりチェックできます。確認するには15桁の製造番号が必要なため、事前にこれをチェックしておきましょう。, 製造番号と画面に表示されている認証番号を打ち込むと、制限がかかっているかどうかが確認できます。インターネットの利用制限は、よほどのことでないとかからないため、普通に使用している分には、縁遠いものと考えましょう。, 使用しているプランによって、月額データ使用量の上限を超えると通信の速度制限がかかりますが、これは全く別物です。速度制限は単純に通信速度が制限されるだけで、ネットワークへの接続自体は可能です。この違いも正しく把握しておきましょう。, SIMロックを解除するには、購入から100日以上経過していなければならず、手続きまでにはある程度の期間を必要とします。しかし、これは分割払いで購入している場合の条件で、機種代を一括で支払っているなら即日解除も可能です。, また、分割払いの場合でも、過去にSIMロック解除を行った履歴があること、その時の解除申請から100日以上経過していることを条件に、即日解除できます。SIMロック解除の履歴は、他社キャリアも対象となるため、ドコモ以外で手続きした場合も含まれます。, これまでにSIMロック解除の履歴がなく、かつ分割払いの場合のみ、100日以上経過しなければならないことは理解しておきましょう。ただし、一括購入でも、端末サポートを受けて分割の割引を適用している場合は、例外的に割引期間中は解除ができません。, この場合も分割払いと同様に100日以上の経過が必要です。状況によって条件は細かく変動するため、基本的には100日以上経過と考えておいても良いでしょう。また、SIMロック解除可能かどうかの確認はいつでもできるため、事前に現時点で解除可能かチェックしておくのもおすすめです。, 電話やショップでのSIMロック解除も可能ですが、時間を選ばないWebからの手続きが便利です。Webでの手続きの大まかな流れは以下の通りです。, 手続きまでのステップも少なく、すぐに解除できるため、余計な手間やコストをかけたくない人、その場ですぐに解除したい人は、Webから行うことがおすすめです。また、スマホでもパソコンでも手続きが可能です。ここからは、webからのSIMロック解除の方法をより詳しく解説していきます。, SIMロックを解除するには、「IMEI番号」が必要です。これは端末ごとに振り分けられた製造番号で、15桁の数字です。, SIMロック解除に使うだけではなく、ネットワークの利用制限がかかっていないかのチェックにも使うため、確認方法を覚えておくと便利でしょう。IMEI番号は、以下3つの方法で確認できます。, AndroidでもiPhoneでも、設定から簡単に確認が可能です。すぐに確認できるようスクリーンショットを撮っておくか、手書きでメモしておいても良いでしょう。どちらの端末でも電話発信画面での確認方法は同じため、こちらを利用しても構いません。, Webから解除するには、My docomoにアクセスします。ログイン後、画面左上の三本線をクリックするとメニューが表示されますので、「サービス一覧」へ進みましょう。その後「SIMロック解除」→「パソコン」と進むと、さきほど調べたIMEI番号や、その他情報の入力ページに進みます。, 「SIMロック解除を申し込む」を選択し、注意事項を確認の上、チェックボックスにチェックを入れて同意し、手続きの完了ボタンをクリックしましょう。, 手順は以上で終了ですが、Androidの場合、端末で「SIMロック解除コード」の入力を求められることがあります。これは手続き完了時に通知されるため、番号をなくさないよう控えておきましょう。, ショップで行う場合のように、手数料がかからないのはWeb手続きの魅力ですが、それだけではなく、時間がかからないのも大きなメリットです。Web手続きの場合、解除までは3分程度で済み、すぐにSIMカードを差し替えることも可能です。, ショップの場合は営業時間内に店に足を運ばなければなりませんし、手続き自体は早くても案内してもらうまでに時間がかかるでしょう。電話だとそれほど手間はありませんが、すぐに繋がるとは限りません。時間帯によっては何度かけても繋がらず、結局時間がかかってしまうこともあります。, Webならサイトがメンテナンスをしていない限り、待ち時間なしで手続きができるため、他の方法に比べるとデメリットは少ないです。, ドコモ端末でスムーズにミスなくSIMロック解除をするには、以下の点も知っておくべきです。, これまで大手キャリアのSIMロック解除の条件は厳しく、契約者本人が購入したことを確認できる端末でないと、解除はできませんでした。しかし、ドコモでは2019年2月より条件が変更となり、中古で購入した端末も解除の対象となっています。, 契約者自身がドコモキャリアから購入した端末に限らず、中古品を扱うショップ、オンラインストア、他人から譲渡を受けた端末も、ロック解除が可能です。その他条件も満たしているという前提はありますが、中古の端末でもSIMロック解除の対象になるのは、大きな変化でしょう。, ドコモショップへの持ち込みだと、店員に解除作業を任せられスムーズな代わりに、1回に2台までしか解除はできません。3台目以降は別途受付をしなければならないため、複数台解除したい人は注意しましょう。, また、ショップだと解除の際には手数料がかかりますが、税別3,000円は1台あたりにかかる費用です。つまり、1回の受付で2台解除する場合は、税別6,000円の費用がかかることは理解しておきましょう。, SIMロック解除は、あくまで端末の使用制限を開放する手続きで、これをしたからといって、ドコモの契約に影響を及ぼすことはありません。ロック解除後もこれまでと変わらずドコモとの契約の継続は可能で、月額料金やその他契約条件もそのままです。, 他社が提供するSIMカードの差し替えが可能な状態になっただけのため、絶対にSIM交換をしなければならないわけでもありません。つまり、いずれSIMカードだけ交換して他社へ乗り換えるかもしれないと思うなら、条件を満たした段階でSIMロック解除しておくのもひとつの手です。, 一度条件を満たしているなら、いつでも解除は可能ですが、早めにやっておいても期限切れになることもないため、特に問題はありません。, 基本的にはSIMロック解除をしたからといって、データが消える心配はありませんが、万が一何かあっても、ドコモは保証してくれません。SIMロック解除自体は公式で提供しているサービスですが、それに関係して不具合が起きても全て自己責任になることは覚えておきましょう。, SIMロック解除でデータに何らかの不具合が起きる可能性があるのは、基本的にSIMカードを差し替え、他社キャリアに移った場合です。他社に移っても端末はそのままのため、端末に保存されているデータは残ります。, しかし、データによっては特定のキャリアでしか使えない、表示されないものもあるため、それらは影響を受け、場合によってはデータ消失の可能性があると考えましょう。, ドコモで保証してもらえないだけではなく、乗り換え先の新しいキャリアでも、当然データ消失に関する保証はないため、不安ならバックアップをとっておくことが大切です。, SIMロック解除をすることで、同じ端末を使って他社キャリアへのSIMカードのみでの乗り換えが可能で、乗り換え費用やその後のコストも安くなります。, ドコモが提供する端末でも、ロック解除はできるため、条件を満たしているなら契約中に解除しておくのがおすすめです。解除の方法を正しく把握して、上手にSIMフリー端末を手に入れましょう。, また、格安SIMの会社については、こちらの記事で紹介しています。乗り換えをご検討の方はぜひ確認してみてください。, iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!, © MarketEnterprise Co., Ltd. All rights reserved. ※simロック解除の受付条件はドコモとの契約の有無や、機種代金のお支払い状況等によって異なります。詳しくは simロック解除 をご確認ください。 チャットサポートについては、 こちらからご確認頂けます。 チャットのご利用について. ・ネットワーク暗証番号(ドコモ契約時に設定した4桁の数字), 接続する端末、契約状況により要求される情報は、上記のいずれかです。また、SMSや登録Eメールを使った二段階認証が必要となる場合もあります。, My docomoへのログインが完了したら、メニューの中から「サービス一覧」の項目を選択します。スマホの場合は、画面左上の3本線をタップし表示されるスライドメニューの下の方に、パソコンからはトップ画面中腹にあります。, 3.「手続き内容を確認」にある「SIMロック解除を申し込む」「SIMロック解除の注意事項に同意する」のチェックボックスをチェック, 解除端末がAndroidの場合、以上の手続き後、「SIMロック解除コード」の入力を求められることがあります。SIMロック解除コードは、上記4以降の手続き完了画面に表示されたり、dアカウントに登録メールに届いたりする場合があるので、確認し控えておきましょう。, 上記の操作でSIMロックの解除の手続きは終了ですが、とくに画面上に変化はないため、本当に解除が完了しているかどうかが一見しただけではわかりません。実際に解除が完了しているか、以下の方法で確認できます。, 手元に格安SIMを含め、他社のSIMカードをお持ちである場合、現在iPhoneに挿入されているドコモのSIMカードと交換することで確認ができます。iPhoneの電源を切り、SIMカード入れ替え、再度電源をつけるとアクティベーションの画面になります。, 画面指示に沿って進めていくと、アクティベーションの完了後、通常のホーム画面に移ります。ここまで進むと、ロック画面左上やコントロールセンターに現在通信に利用しているキャリア名が表示されます。「au」や「SoftBank」と表示されていれば、SIMロックの解除は問題なく完了しています。, 1つデメリットとしては、差し替えたSIMカードがドコモ回線を利用する格安SIMであった場合、表示される表示が以前と変わらず「NTT docomo」となってしまうため、確認ができません。この場合は、次のiTunesを利用しての確認をしなくてはなりません。, iTunesがインストールされたパソコンとiPhoneをUSBケーブルで繋いだ状態で初期化をすると、SIMロック解除の確認ができます。作業内容に初期化が含まれるため、先にiPhoneのデータのバックアップをiTunes、またはiCloudで取っておきましょう。, まず、iTunesを起動したパソコンとiPhoneをUSBケーブルで繋いだ状態でiPhoneの初期化をします。初期化はiPhone画面から「設定」「一般」「リセット」「すべてのコンテンツと設定を消去」「iPhoneを消去」の手順で行うことができます。, iPhone初期化の完了後、iTunesの画面に「正常に完了しました。iPhoneのロックが解除されました。」と表示されれば、SIMロックの解除は完了しています。その後バックアップを復元し、iPhoneを元の状態に戻しましょう。, Androidの場合は端末そのもので確認が可能です。機種によって微細違いはありますが、「設定」「端末情報」「端末の状態」「SIMのステータス」「SIMロックの状態」の順で画面を進めていくと状態が確認できます。, 該当の内容が「許可」や「利用可」「ロックが解除されています」となっていれば、SIMロックの解除が完了しています。逆に「使用不可」などといった状態であれば、SIMロックの解除が失敗しています。再度SIMロック解除の操作を試してみましょう。, 現在ドコモから発売されているスマホ端末は、過去発売のものを含めすべてSIMロック解除が可能になりました。SIMロック解除を行うと、海外キャリアを含むドコモ以外のSIMカードを利用できます。, 2015年5月以降に発売された端末であれば、上記どの方法でも手続きができますが、2015年4月以前に発売された端末だとショップ店頭のみ、中古購入または他人から譲り受けた端末では、Webまたはショップ店頭のみでの受付となります。, ショップと電話での受付では、端末1台につき3,000円の手数料が必要となるため、極力Webからのお手続きがオススメです。, でも、お店まで行く手間や、待ち時間がかかるのもったいなくないですか?いろいろな商品をAmazonや楽天などのオンラインショップで買っているのに、なんでスマホは通販で買わないんだろう?, 一番多い答えが、ショップスタッフと「相談ができないから」という理由です。スマホってプランも難しくて、ちょっと相談してから決めたくなりますよね。, やり方は簡単。下記の電話番号に電話するだけで、プロに相談しながら、スマホが買える!もちろん相談料金は無料。, スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp, 【2020年最新版】厳選8社!格安SIMのおすすめランキング | 速度・料金・キャンペーン・人気度で比較, 毎月のスマホ・携帯料金を安くしたい! 平均の月額よりも下げる方法をポイントごとに解説, どこが安い?新iPhone SEの価格を比較! ドコモ・au・ソフトバンク・SIMフリー, iTunesがインストールされたパソコンとiPhoneをUSBケーブルで繋いだ状態で初期化をする. モバレコTOP ドコモ ドコモに関する記事一覧 【ドコモ】SIMロック解除の条件と手順をiPhone・Android別に解説, ドコモで契約・購入したスマホ端末は、SIMロック解除を行うことで、ドコモ以外のキャリアのSIMカードで通信できるようになります。, 以前までドコモは、SIMロック解除の可能機種や条件を厳しく設定していましたが、最近ではその制限も緩和され、現在ではすべての端末がSIMロック解除対象となりました。そのため、格安SIMへの乗り換えや、海外旅行などで現地のSIMカードに差し替えての利用が可能です。, 今回の記事では、ドコモ端末のSIMロック解除をする具体的な条件と手順を、iPhone・Androidの両方をカバーした内容で解説していきます。, ドコモのスマホはすべての機種がSIMロック解除可能となりましたが、厳密には以下の条件をクリアする必要があります。なかには個人では確認ができないため、ドコモへの問い合わせが必要となるものもあります。, ・ネットワーク利用制限やおまかせロックなどの各種ロックがかかっていない ・端末購入サポートが満了している 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの simロック解除後もドコモで利用可能. ドコモの携帯電話機などの故障修理については、simロック解除を実施した場合であっても、ドコモの窓口にて受付いたします。 ただし、故障の内容によっては、お客さまが利用されているSIMカードなどにより電気通信サービスを提供している事業者をご案内する場合があります。 ドコモで契約・購入したスマホ端末は、SIMロック解除を行うことで、ドコモ以外のキャリアのSIMカードで通信できるようになります。今回はドコモ端末のSIMロック解除をする具体的な条件と手順を、iPhone・Androidの両方をカバーした内容で解説していきます。 simロック解除の受付条件を一部変更 2020年2月19日 平素は、弊社商品・サービスをご利用いただき、誠にありがとうございます。 弊社は2020年2月19日(水曜)からsimロック解除の受付条件を以下のとおり一部変更いたします。 受付条件の変更内容. (中古品・譲渡品の場合は適用日から100日以上経過している), これまではドコモの指定する一部端末のみがSIMロック解除の対象でしたが、2019年2月20日より、ドコモから発売されたすべての端末が解除可能になりました。また、契約者本人が購入した端末に限らず、中古購入の端末や、他人からの譲渡品もSIMロック解除可能です。, SIMロックの解除手続きは、「ドコモショップ店頭」「Web」「電話」のいずれかの方法から行うことができます。, しかし、発売が2015年の4月以前の端末については、ドコモショップ店頭でしか受付ができません。また、ショップまたは電話からの手続きは3,000円の手数料がかかるため注意が必要です。Webと電話からの解除方法は、後ほど解説します。, 端末の通信利用に制限をかける「ネットワーク利用制限」や「おまかせロック」などがかかっている端末は、SIMロック解除ができません。, ネットワーク利用制限とは、不正入手や犯罪への利用などの可能性がある端末に対して、ドコモから制限をかけ、通信をできなくする機能のことです。お持ちの端末が対象であるかどうかは、「ネットワーク利用制限携帯電話確認サイト」から確認できます。, おまかせロックとは、スマホを紛失した際、ドコモの窓口問い合わせやMy docomoから、通信機能や特定のアプリをロックさせる機能です。これは契約者自身であれば簡単に解除できるため、ロックがかかったままの端末は不正取得が疑われ、SIMロック解除依頼が拒否されてしまいます。, 端末の購入から100日以上経過していないと、SIMロック解除はできません。しかし、端末代金を一括清算している場合、この100日の制限は関係ありません。, また、この端末に機種変更する前の端末にて、おなじようにSIMロック解除の操作を行っていた場合、前の端末の解除から100日以上経過していれば、現在の端末購入から100日を待たずに解除可能です。, しかし、上記条件を満たしていても、端末購入サポートが継続中であれば、SIMロック解除対象外です。端末購入サポートとは、ドコモが指定する端末・プランでの契約に対して、12ヶ月間の料金割引を行うといったものです。, サポート満了、または違約金を支払っての途中解除を行った以降であれば、SIMロック解除ができます。, 端末購入からの期間・端末料金の精算の条件は、中古品・譲渡品に関しても同様です。しかし、これはもともとの所有者でないとわからない情報であるため、確認のためにはドコモショップや電話窓口での確認が必要です。, SIMロック解除の条件は短い期間で頻繁に改定されてきたため、いまだに古い情報を掲載したメディアが目立ちます。ここでは古い情報を原因に誤解されやすい条件を解説していきます。2019年10月時点での最新の情報です。, 今までドコモが設定していたSIMロック解除の可能期間は、端末購入から100日以上(分割購入の場合)、ドコモのキャリア規約解除から100日未満であることが条件でしたが、ドコモ解約後の日にちの条件は撤廃されました。, そのため、中古で購入した端末や他人から譲渡を受けた端末なども、前の所有者のドコモ解約のタイミングを気にすることなくSIMロックの解除が可能です。, ただし、前述の「端末購入サポート適用から100日未満」の端末は、ドコモ解約済みの中古品・譲渡品であってもSIMロック解除ができません。しかし、この条件に抵触するか確認するには前の所有者に尋ねるか、ドコモの窓口へ問い合わせするしか方法がないです。, ドコモとの契約を解除した後であっても、その端末が2015年5月以降に発売されたものであれば、WebからSIMロック解除の手続きを行うことができます。, ドコモの契約を解約しても、その契約と紐付いていたdアカウントは消滅しません。そのため、ドコモ契約時と変わらずMy docomoにログインすることができ、SIMロック解除操作が可能です。, ドコモスマホのSIMロック解除は、「Web」「ドコモショップ店頭」「電話」のいずれかの方法から手続き可能です。, ドコモショップ店頭での手続きを行う場合は、SIMロック解除を希望する端末本体と、本人確認書類の持参が必要です。顔写真の付いていない本人確認書類しかなくても、健康保険証であれば補助書類は必要ありません。, ドコモショップでの受付は中古品・譲渡品を含むすべての端末で受付可能ですが、1回の受付で対応できる端末数は2台までとなっています。, 2015年5月以降発売の機種である場合、電話からの手続きも可能です。ドコモの携帯電話からは「151」、それ以外の一般電話からは「0120-800-000」から窓口につながります。受付時間は午前9時〜午後8時までです。受付に暗証番号やdアカウントのパスワードを求められるため、手元に用意をしておきましょう。, これらドコモショップ・電話からの受付は、端末1台につき3,000円の手数料がかかります。そのため、費用を抑えたい場合は、Webからの手続きがオススメです。以降からはWebでの手続き方法を解説していきます。, 手続きの過程で、IMEI(製造番号)の入力を求められます。事前に確認をして控えておきましょう。手順は以下のとおりです。, パソコンまたはスマートフォンから、「My docomo」にログインをします。ログインに必要な情報は、以下のとおりです。, ・dアカウントID・パスワード 無断複写・転載・公衆送信等を禁じます, ドコモが提供している端末でも、SIMロック解除は可能です。しかし、解除する際には各種条件があり、手続き方法も複数あります。ドコモキャリアならではの解除方法や条件を知り、必要知識を身につけて、スムーズにSIMロック解除を行いましょう。.