人事評価システムとは?360度評価システムを導入して、人事業務を効率化しよう ■フィードバック業務の負担も大幅削減! 【無料/10/28(水)12:00開催】失敗しない360度フィードバックの進め方 【無料/第2回 11/5(木)13:00開催】経営人事としての戦略的サーベイ活用講座, 【無料/第2回 11/5(木)13:00開催】経営人事としての戦略的サーベイ活用講座. 自動リマインドで徹底管理!改善計画の確認や振り返りの失念を防止します。, スマレビ人事評価・サーベイナビは、人事や評価制度などに関するお役立ち情報をコラムでご紹介します。 360度評価に関することはもちろん、人材育成・能力開発や採用など、さまざまな人事関連の情報を発信しています。, 最近の記事 本人評価と他者評価のギャップから、対象者の強みと課題を明確にします。 多方面からの評価で社員の強みの発見と意識改革をうながし、人材育成や人事配置の指針となるデータを獲得する上でも有益な「360度評価」。現在注目されている手法ですが、実施には注意が必要です。正しい活用法を紹介します。 多面評価(360度評価)とは、上司、同僚、部下など、立場や対象者との関係性が異なる複数の評価者によって、対象者の人物像(実態)を多面的に浮き彫りにする評価手法です。近年、上司による人事評価を補完するツールとして注目されています。 「360度評価」の導入においては、ポイントや手順を押さえないと弊害を招いてしまうことがあります。そこで今回は、導入に失敗すると起こる2つの弊害、導入に失敗する4つの原因、導入を成功させる3つのポイントについて詳しく説明します。 360度評価(多面評価)とは、さまざまな立場の関係者が対象者の仕事や人物像を評価する手法です。本記事では、360度評価を導入するメリット・デメリットや失敗しない運用ポイント、導入事例について解説し、おすすめの人事評価システムを紹介します。 御社の360度評価は、悪口ばかりになっていませんか?うまく機能すれば、人材育成の有効な施策である360度評価。どうすれば、うまく機能するのか? あなたの会社では、360度評価を導入していますか? 近年では導入する企業も増えてきましたよね。このページでは360度評価が注目される背景、360度評価のメリットやデメリット、正しい360度評価の活用法などを紹介しています。 360度評価は、様々な立場のひとからの多面評価でフィードバックを得られると注目されている仕組みですが、結果の読み解きには注意が必要です。今回は結果に引っ張られすぎない、360度評価の読み解き方をご紹介します。 人材育成助成金を導入し、人材育成を推進しよう! 「360度評価」という評価制度をご存知でしょうか?評価というと、通常は上司から部下へ一方通行であることが多いですが、360度評価を取り入れると自分自身・同僚・部下・上司といった視点から評価されることになります。この記事では、360度評価を行う際のコメント例をご紹介します。 360度評価は、様々な立場のひとからの多面評価でフィードバックを得られると注目されている仕組みですが、結果の読み解きには注意が必要です。今回は結果に引っ張られすぎない、360度評価の読み解き方をご紹介します。, →360度評価(多面評価)のメリット・デメリットを詳しく知る「失敗しない!360度評価(多面評価)のメリット・デメリット」, 360度評価は、点数によって一喜一憂して終わるような構成にはなっていません。多面的な分析をし、今後のアクションプランに活かせるデータです。360度評価の運用で失敗しないために、360度評価を受けた際の3つの注意点をご紹介します。, 360度評価の運用を失敗しないためのポイント①【妥当な評価者選定する】・人を評価する際には意識せずに自分を基準に点数を決める対比誤差が発生します。若手は上司に対して対比誤差を起こしやすく、若手が評価者に多い被評価者は点数が高ぶれする傾向があります。・複数回360度評価を実施する中で評価者の構成が変わるときは、他者評価の点数に影響がでやすいので注意が必要です。, 360度評価の運用を失敗しないためのポイント②【導入背景や意図の説明は十分に】・評価者に若手が多いと点数が高ぶれするように、上位役職者は視点が高いのでフィードバックは厳しくなります。また、全社平均が併記されている場合や、他の対象者と結果を比べるなどした場合に、点数に一喜一憂して終わることのないようにしましょう。・フリーコメントの書き方を事前に十分説明しておかないと、誹謗中傷や悪口が目立ち、対象者が凹んでしまうことが考えられます。フリーコメントは360度評価では重要な項目ですので導入の際には事前に評価者への説明をきちんと行いましょう。, 360度評価の運用を失敗しないためのポイント③【安定的な効果が出るまで続ける】改善努力をしたにも関わらず他者評価が下がることは本人にとってショックです。360度評価に対して懐疑的な声がでることもあります。・2回目になると改善後としての期待値があがり見る目が厳しくなります。また、1回目より業務における役職が上がっていると、1回目より期待値が上がっているので見る目が厳しくなる傾向があります。・自分自身の評価結果を踏まえ、他者にも厳しめのフィードバックをするようになる、少なからず本人評価は謙虚になるので下がるといったことも起こります。, 360度評価は実施したら終わりではありません。実施して、実施後にフィードバックを得て、対象者は行動改善をして、再度実施してというサイクルを回してということを複数回繰り返すことで効果が得られるものです。360度評価が成長に有効であると納得できる正しい読み解き方をご紹介します。, 360度評価は、自分の中で強み・弱みを把握するために活用するためのものです。他者と比較することに意味はありません。得られた多面的フィードバックは自己の振り返りに活かし、今後のアクションプランに落とし込みましょう。, 他者から見た自分の強み、弱みを認識をする上で点数は参考になりますが、点数だけを見ていても自分のどの行動がその結果に結びついているかはわかりません。具体的な行動を振り返るにはフリーコメントを確認しましょう。360度評価は点数に一喜一憂するものではありません。, 他者からこのように評価された、というのは表面的な事実でしかありません。中には厳しいコメントもあるかもしれませんが、評価者はあくまで表面的な、観察できる出来事を判断材料としています。自分がどんな理由でその行動をしたのか、その行動の意図が周囲に伝わってはいないのです。コメント内容に感情的になるのではなく、伝わっていなかったのはなぜか、を考えましょう。, 360度評価は、見方によっては実施に不満も出ることが考えられます。現場を巻き込んだ取り組みには現場の協力は不可欠です。360度評価は人材育成のためのデータ集めであることを腹落ちするまで現場に伝え、評価する側も評価される側も身構えないルールの制定と周知が重要です。対象者へ読み解き方やフィードバックの研修などをきちんと行いましょう。, 新しい制度の導入はどんなに良いものでも難しいものです。360度評価が、自分の成長をサポートするデータ集め(会社が個人の成長を支援する制度)であると従業員が納得するまで説明をしたり、組織として良い結果が出た際にはメリットを再認識してもらうためにも積極的に共有するなどして、安定的に継続できる体制づくりを心がけましょう。, ■わかりやすいレポートで自己分析! 失敗しない!360度評価(多面評価)のメリット・デメリット マネージャー層の育成面でも注目されている360度評価(多面評価)。煩雑になりがちなアンケート集計を一元管理していくれる評価システムの特徴や料金を比較してまとめました。ボクシルでは法人向けSaaSを無料で比較・検討し、『資料請求』できます。