呪われた歴史に終止符=ユミルの民の滅亡=巨人の駆逐 10代後半に継承したと考えればいいが、何かしっくり来ない もう生まれるべきでないと思ってるんじゃないかなー, ジークって確か20代半ば〜後半と言われてるけど、巨人の力を得たのはいつ頃なんだろう? でもそこまでの力も意思もピクシスにはなさそう, ジーク達って斥候部隊なのかな? だとしたら本拠地に報告しなきゃだけど、巨人徘徊する土地をのこのこ戻って船乗って一旦帰還……ていうのが何かマヌケだな。巨人化状態でも危険だし現実的じゃないというか。他に伝言連絡係がいて自分らはパラディ島どこかにあるアジトに一時撤退、の方がしっくりくる。 ピクシスがマーレ人って事は無い?案外あのジイさんも策士だし。演説やった時も、兵団を見事洗脳出来てた。 ライベルが気づいたような描写はないし… ジークの目的と今後の出方はすごく気になります, 早くジークやライナー出てきてくれんかなぁ それとも87話のエレンとグリシャの人格の境界線が曖昧になる現象の事を「洗脳されてる」って言ったんかなジークは, 赤子ガチャだからエルディア人殺すって ジークにとってグリシャは自分を駒のように扱ってると感じたとか? エレンのトチった人格は、巨人殺しとか母の仇とか関係なさそうな天然モノ(あえて言うなら遺伝)に感じるし マーレ➡潜伏して隙みて始祖奪え! マーレの戦士の事情と心情は、同期だった3人を中心に綴ってほしいなあ, サシャが別民族ってのは確かに納得 私には血の繋がりのない23才の娘がいます。主人の連れ子で、娘が七歳の時に母となりました。 『進撃の巨人』最後の敵と噂されている「獣の巨人」の正体を徹底解剖。2019年9月現在発売されている単行本29巻までの情報と、season3まで放送されたアニメの情報をもとに、「獣の巨人」が持つ能力やその目的、声優をアニメ、原作漫画で明らかになった内容を踏まえて詳しくご紹介します。 マーレ人とユミルの民との結婚は、社会的に強い抵抗感を示すだろうし、法律か宗教で禁じてると思う, グリシャが基地外なのはガキでもわかる もしくはマーレ側には思想操作能力のある巨人でもいるんだろうか。, 79 そういえば、クルーガーの古代エルディアの説明のところで、巨大馬に乗った始祖巨人らしき毛皮マントの巨大おっさんが描かれている。角笛を吹くことで無垢の巨人を操ってるっぽいよね。あれはテレパシーを使って巨人を操る事ができることを表しているのだろうか。, あの辺はグリシャが狂っているのだ ジーク達に知性巨人を与えて座標奪取任務やらせてるマーレが馬鹿過ぎるよな。 又はマーレの手先としてただ任務を遂行してるだけかも。 壁内人類と敵対する「戦士」の中で戦士長と呼ばれる男性で、ライナー、ベルトルト、アニの上官にあたる。 壁外から来た、「九つの巨人」の一つ「獣の巨人」の巨人化能力者。 戦闘の時は獣の巨人に変身し、他の巨人よりも長い手を活かし、砕いた岩を野球の投球のように投擲する攻撃を得意とし、戦闘力は巨人化能力者の中でも非常に高い。ライナーとベルトルトとはシガンシナ区で合流しており、今すぐにでもアニの救出に向かおうとしていた2人を力付くで止め、仲間を救出することより「座標」の奪 … 年齢的にはまだあの頃は巨人になっていないはずだよね。謎。 壁を作ったんじゃないかとか、そういう感じだと思うけど。, ふと思ったけど始祖の力だと知性巨人に命令できる範囲(距離)で脳内会話ができたりして ジークの世代のマーレには、もう昔のような策士がいないのだろうか。, マーレ国は滅んでると自分は推測してる。マーレが軍を送り込めない最大の理由は、エルディア人を生産出来るという利点にして欠点、始祖巨人への恐れ、無謀な戦は極力避けてる所。 「もう終わらせたいんだ」は自分の運命を嘆いてるだけのようにも見えてきた, ジークやライナーは戦士で、公の組織に所属する兵士とはちょっと違うよね。 たぶん一緒に壁の中に逃げてきた移民族? 現実的に不可能だしな マーレ人でなくてもユミルの民ではなさそう エルディア復権に自分を利用した父親を20年近く恨んでるから、目的が復権は無さそう。 こんな相反する二つの考え、幼児から小学1年生くらいの子供に押し付たら、子供の精神が壊れるよ。 (アニメ化まだは置いといて、エピソードとして), 鬼滅の刃が先週の日曜日の東海テレビ6時ぐらいに始まったってこと知ってますか? 850年 現在 特にエルディア人を増産して、巨人兵団用のエルディア人と、憂さ晴らし用のエルディア人に分配してるという仕分けの悪さ。憂さ晴らし用に関してはクルーガーが巨人化してしっちゃかめっちゃかにした後、仲間の死を悼んでかどうか知らんが憂さ晴らしてたんだろうな。 (名の無い役以外だとありがたいです), GOTOイートでくら寿司を予約しました例えば4人で行って4000円以上の飲食をして4000ポイント貰いますよね? 戦士らとの和解交渉は不可能とみた。 誰もエレンの意志を服従させられないという設定もあるから我が道を行くんだろう 知性巨人9種すべてを硬化物質の中に閉じ込めて地下深くに保存 それに対して、ジークたちのやり方は、今のところ、たいした策も用いずに座標を奪おうとしているようにしか見えない。 それとどうもマーレの秘密警察と中央憲兵が同じ文化のように見えてならないのも一つ。 現実世界で言うゲシュタポとチェーカーのように似ている。 同じヘーゲルから派生したボリシェヴィキとナチが瓜二つのように。, ではなぜマーレはパラディに攻め入るかという理由についてをこの仮説に沿って考えると… 老け顔だね 114話でジークの真の目的が分かり、ここから同時にエレンの目的に、より注目が集まる展開となりました。, これは幼少時期から一貫しており、「進撃の巨人」を継承していることとは関係なく、エレンの本能が望んでいるように描かれています。, コメントでは、「巨人を駆逐する目的のエレンとジークの目的であるエルディアの安楽死は、一致しているのでは?」との考察も見られました。, パラディ島に巨人がおり、壁内に閉じ込められていた頃のエレンの自由を妨げる存在として、巨人は絶対でした。, つまり、エレンにとって目的である自由を獲得する過程として「巨人駆逐」が必須だったということになります。, そう考えると、「エルディアの安楽死」と「自由」は、目的として全く一致しないのでは、と思えますよね!, ここから、エレンの目的がジークの目的である「エルディアの安楽死と一致しない」と考えられるでしょう!, それともエレンは「水入らず」と表現しているだけで心は許しておらず、ジークとは協力しているフリだけなのでしょうか?, となると114話考察!ジークの目的まとめ!でも書いていますが、前から予想している「座標を発動した際に、主導権を握っているエレンがジークを裏切る展開」もあるかもですね!, イメージとしてはエレンとジークが接触し座標が発動し、ジークがエルディア人に子供ができないようにしようとしたところでエレンが主導権を握り「全てのエルディア人が巨人になれない体にする」ように働きかけ終わる、という展開ですかね。, まず、ジークの目的であるエルディア人に子供ができなくさせ、その後に再び座標発動させ、元に戻すという展開にすれば、ということですね!, まずジークの思惑通り、エレンと接触から座標発動し、子供をできなくする「エルディアの安楽死計画」を達成させます。, その後、任期を終えるジークを予定通りでヒストリアに捕食させ、ヒストリアが獣を継承します。, そしてエレンとヒストリアで再び座標を発動させ子供ができるようにし、さらに巨人になれない体にする、とすれば全て解決!という事になりますよね!, ただ引っかかるのは「ジークが任期を終えるとしても、ヒストリアにおとなしく捕食されるのか?」と「ヒストリアが継承するか?」ですね。, ただ、妊娠が偽装である可能性は残っており、そしてヒストリアが継承する気持ちがあれば、あるかもですが!, 管理人アースとしては、既にエレンとヒストリアがこの作戦が裏で打ち合わせ済みという展開もあるかも、と思っています!, ただ、この作戦はどうしてもヒストリアを巨人化させなければならないため犠牲にすることになり、そこを突かれた感じがしてこの時のエレンは切れたのかなとも考えられますよね!, もしこの作戦をエレンとヒストリアが共同で実施中であれば、最後にジークがヒストリアに捕食されることを断りそこでエレンと決裂、決戦!という展開になるかもですね!, → 【進撃の巨人】リヴァイが死亡確定するのか検証! → 114話考察!ラーゴの惨劇は事実か?アニメ2期EDから検証! → 114話考察!ジークの目的まとめ! → 114話考察!600年前の流行り病を検証!, 今だけ31日間の無料トライアルがあるので、進撃の巨人のシーズン1、シーズン2、シーズン3、劇場版が見放題です!, 初回特典でU-NEXTで「600ポイント」が無料でもらえるので、進撃の巨人の最新刊も無料で見ることができますよ!, U-NEXTは解約もワンクリックでできるので、安心して無料トライアルを楽しめます⭐️, エレンの真の目的は、やはり始祖の”真の力”を使って、エルディア人を「巨人化する悪魔」から「普通の人類」に戻して世界から肯定される存在にすることだと考えます。エルディア人が巨人の民である限り、世界から否定され絶滅させられる可能性を孕みます。では、なぜ、巨人の力で帝国を築き世界を蹂躙したエルディアの歴史を悔いる王が、始祖の力を封印する形で壁に籠ったのか。初代レイス王が自分たちの歴史と所業への自責の念で、世界への惨禍をこれ以上拡大・継続させないためには、すぐに「人間に戻る」ための叫びを発動して、巨人化する悪魔=エルディア人を通常の人類に戻すべきだったのではないかと考えた場合、それはしなかったのではなく、できなかったのではないでしょうか。, 始祖の”真の力”は、文字通り全ての始まりであるユミルのフルパワーの状態であり、9つの巨人に力が分散する前の状態となります。であるなら、全エルディア人の組成を変えることができる始祖の”真の力”を再び手に入れるには、1人の王家のエルディア人が”9つの巨人”を全て食べる必要があります。初代レイス王の時代は、帝国が最盛期を過ぎ”9つの巨人”を所有する分家同士が抗争を繰り広げる時代でした。王単独ではその状況を覆すことができず、世界への惨禍を防ぐために工作しマーレに統治させ、滅びを受け入れる形の籠城を選択したのかもしれません。始祖の巨人を継承する王族に厭戦&絶滅の思想を強いる形で。, レベリオ区強襲で「始祖」「進撃」「戦鎚」を有することになった器=エレンが、残る「獣」「鎧」「女型」「超大型」「顎」「車力」を食べる必要がありますが、パラディ島への反撃のために「鎧」「顎」「車力」が島に集まりつつあります。全ての巨人を持つエレン(どんな形状の巨人になるのか楽しみ)が出産したヒストリアに食べられて、最後にエルディア人を通常の人類に戻す”最後の叫び”を彼女が達成するのではないでしょうか。”レイス王の洗脳”のリミッター解除は手を焼きそうですが。最後のコマのシーンはやはりエレンの遺言のような気がします。, >最後のコマのシーンはやはりエレンの遺言のような気がします。 「次世代が真の自由を手に入れる」という展開で終わるということですね。 これもありそうな気がしますよ! エレンが「不戦の契」を破り終わる、というのもたしかにありそうですね!, ジークの安楽死計画後に、再び子供を産めるように体質を戻し、さらにエルディア人が巨人化できなくすることによって、パラディ島が世界連合軍に攻め滅ぼされる運命から逃れられるかはかなり微妙ですね。おそらく、やらないほうがパラディ島が生き残れる可能性は高いと思います。, エルディア人が巨人になれなくなったとしたら、マーレの継承者たちが巨人化できなくなるので、世界はエルディア人が巨人になれなくなったことに気がつくでしょう。これは、世界にしてみれば、パラディ島に攻め込んで滅ぼす大チャンスだと言っても過言ではないでしょう。世界は恨みを忘れてはいないはずです。喜々として世界連合軍で攻め込んでくるでしょう。, しかし、エルディア人が子供を産めない体質にされた後で、すぐに子供を産める体質に戻せるとしたら、同じように、エルディア人が巨人化できない体質にされた後で、再び巨人化できる体質に戻せると思われます。したがって、巨人はいなくなったと思いこんで、巨人に対する対策をあまりせずに攻め込んできた世界連合軍を、巨人によってあっさり追い返すことができるかもしれません。, また、巨人の力によって勢力を保っているマーレが、巨人の力を失うことで、逆に他国から攻め込まれるようになり、マーレと他の国同士で潰し合ってくれるので、結果としてパラディ島は助かるという可能性はあるかもしれません。, 別の可能性として、エルディア人を巨人化できない体質にすることで、始祖の巨人の継承者も巨人化できなくなり、始祖の巨人の能力を発揮することが不可能になり、再び巨人化できるように体質を戻すことが不可能になる可能性もあります。この場合、おそらくパラディ島にとって最悪の結果が待っていると思います。, マーレは、エルディア人が二度と巨人化できなくなったことに気がつくと思われます。これは、マーレにしてみれば、巨人の力を失うという大ピンチであるとともに、パラディ島への侵攻が容易になるという大チャンスでもあります。, マーレとしては、他の国々に巨人の力が消滅したことがバレてしまう前に、持てる全軍力を投入して、パラディ島に攻め込んでくるでしょう。巨人の力を失ったパラディ島が相手なら、楽勝とまでは言いませんが、それほどの問題なしに制圧できると考えられます。マーレがパラディ島の完全制圧に成功すれば、巨人の力が消滅したことを知らない他の国々は、マーレが全ての巨人を奪還し、始祖の巨人も手に入れたのだと考えるはずです。始祖の巨人を手に入れたとなれば、マーレが地ならしを発動することすら可能であると他の国々は考えるはずです。, そうなれば、巨人の力が消滅したことがバレるまではマーレに逆らう国は現れないはずであり、マーレは、大きな時間の猶予と、パラディ島の地下資源を手に入れることができます。これによって、悠々と軍備増強を進めることが可能になるでしょう。, しかし、巨人の力が消滅したことはいつかは他の国々にもバレるでしょう。従って、マーレは、十分に軍備増強を果たした後で、マーレが自ら巨人の力を放棄したと世界に対して発表すると思われます。これによってマーレは、エルディア人を退けただけでなく、世界を巨人の恐怖から救った国として、再び世界の英雄となることができます。, 基本的に、巨人化できなくするにしろ、大地の悪魔との契約を取り消すにしろ、巨人の力(もっと言えば始祖の巨人による地ならしの力)を失うことは、パラディ島にとってはデメリットが大きすぎると思われます。すぐに攻め滅ぼされてしまうのがオチでしょう。, 巨人の力を失ったパラディ島が生き残れる道があるとしたら、攻め込まれる前に自らマーレの植民地となるぐらいしかないとは思います。マーレと裏で手を組んで、壁内人類の安全を保証してもらった上で、他国には、マーレが攻め込んでパラディ島を制圧したと発表する、というのはマーレ側としても十分にアリな取引ではないかと。ただし、自由を求めるエレンはそれで納得するとは思えませんけどね。, 巨人化を無くす代償は大きいですよね。 結局は地鳴らしが必要になってくるのですが、これを可能にするのは始祖の力が必要であり、となると巨人の力頼みになります。, 巨人の力が無くなった後の国交を東洋の一族、ヒィズル国が入って攻め込まれないようにする、なんてのは都合良すぎるでしょうが期待しちゃいますよ!, キヨミ様が初めてパラディ島に来た辺りの話で、アズマビト家は将軍家の血を必要としてる❗️, との台詞があります✨ コレ❗️意外と重要なポイントかも❓ と…妄想している今日、この頃です, エレン&ジーク兄弟が始祖の巨人と王家の血を求めるのと、同じくらい重要な何かがあるのかも❓, ラスボスはジークだとずっと考えています。 もしアズマビト家の血統に何かしらの意味を持たせるとしたら、ループ伏線にかなと妄想しています。, 始祖の巨人の力を考察していたのですが、皆さんのコメントで「大地の悪魔」を散見し、ふと、「そう言えば始祖ユミルとは何か?」と思い、過去のタイトル話「進撃の巨人」を見返しました。, 大地の悪魔や始祖ユミル、ユミルの民、継承者の寿命などのユミルの民の過去の真実でした。, 「有機生物の起源と接触した少女」が始祖ユミルとの説明と、「ミカサとアルミン…分からない」の下りの部分を見て思ったのですが、エレンは…「ユミルの民の未来を見たor接触」したのでは無いのでしょうか?, レイス地下でのロッドとヒストリアとの接触はありましたが、彼らは王家血統ですが巨人継承者ではない王家血統のユミルの民でした。, 一方ジークは王家血統であり獣の巨人継承者であり、エレンと異母兄弟という血の繫がりの濃さは群を抜いています。, ジークがエレンに語った巨人科学やアッカーマン家の習性等の裏付けもジークと接触で見れる筈です。, あのファルコとのコミュニケーションやライナーとの再開時の達観振りや、パラディ勢との態度からそう思えてしまいます。, 無論、例えエレンが未来を見たとしても見えた未来に囚われる不自由な人間ではないでしょう。, 「いついかなる時も自由を求めた」進撃の巨人継承者であり、継承前からの本物の化物ですからね。, >エレンは…「ユミルの民の未来を見たor接触」したのでは無いのでしょうか? これなら現在のエレンの行動が納得できますよね! そしてその未来を変えようとしているのなら… エレンの自由を求める意志にも繋がりそうな気がしますよ!, 団長殿や皆様の熱のこもった考察を見ていて恥ずかしくなりイチから記事を書き直しました。 やっぱり物語の核になる部分なので、ご都合主義的な妄想じゃダメですね(汗), かなりぶっとっんだ考察(と言うよりは妄察)になりますが、いつもの事と言う事でご容赦下さい。 エレンの目的は大地の悪魔との間に交わされた契約を破棄する事だと思います。, ジークはユミルの民の根絶が救済になると考えているようですが、それだと戦わずして死を受け入れる事になります。 真の自由を求めるエレンが、そんな事を許すはずがありません。, おまけにこのままでは道を通して巨人の血や肉体を送っている供給源と、それを手引きしている大地の悪魔の正体が最後まで分からずじまいです。 始祖の巨人の誕生が大地の悪魔との契約によるものならば、双方になんらかのメリットがあると考えるのが妥当です。, むしろこの世からユミルの民が消滅したら困るのは当の大地の悪魔です。 エレンはジークの目的(契約の破棄)を実行して、大地の悪魔の出方をうかがう気なんじゃないかなぁと。, 大地の悪魔さえ倒してしまえば、始祖の巨人も消滅し力も無効になるはずです。 そうすれば巨人化や子供の産めなくなった人達も自動的に元(普通の人間)に戻るのではと考えます。, >大地の悪魔さえ倒してしまえば、始祖の巨人も消滅し力も無効になるはずです なるほどですね! 「大地の悪魔」は東洋の一族だと管理人アースは考えていますが、具体的に敵として登場するのか? この辺りがまだ考察範囲が広すぎですし情報が無いので予想し辛いです。 ただ、エレンはジークを信じているフリをしている、という展開になりそうですね!, 皆さんのご意見や作業仮説にインスパイアされてしまい、毎日、あれこれ想像を巡らしてしまう”進撃依存症”な状態です(^-^ゞ, ジークとエレンが接触した時に、”地鳴らし”が発動してしまうとして、何か別のこと、予想外のことが起こるとすると、, それは、二人の接触によって始祖の巨人の「記憶」が完全に甦ることなのではなかろうと。, エレンとジークとでは母系の遺伝子的距離が遠くとも、父系では同一なので、父系を媒介に、始祖の巨人の記憶が再生され二人に流れ込む・・その時に、845年の悲劇や145代フリッツ王(やウーリ)の苦悩の真相(謎)が明らかになり、, 息も絶え絶えの二人の最期状況で、始祖ユミルを苦悩から解き放たない限り、巨人の呪いから免れないとの共通認識に至り、, また始祖の巨人の覚醒とともに、進撃の記憶(グリシャの記憶)と戦鎚の記憶(タイバー家による陰謀の歴史)が喚起されて甦り、, エレンは自身の目的の正しさを確認し、ジークは自身の目的の誤りを悟り、後をエレンに託す・・, 845年の謎にせよ145代フリッツ王の謎にせよ、誰かがいきなり、調べたらわかりましたとか、古文書を発見しましたでは、唐突感を覚えてしまうので、, 二人の接触と、その後の戦闘での接触の繰り返し(殴り合いかな)を通じての、始祖の巨人の記憶再生を想像しております。, >二人の接触と、その後の戦闘での接触の繰り返し(殴り合いかな)を通じての、始祖の巨人の記憶再生を想像しております。 現在の展開の前、王家血統巨人とエレンが接触する展開で座標発動が起こると分かった時は、エレンが「なぜオヤジを信じきれてやれなかったんだ!」と叫びながらジークを殴り、そこで「ビリ!」と座標発動、みたいな展開を予想していました。 今だと「なぜオヤジを信じきれて・・」とはちょっと言いにくい展開なので難しい展開かもですが(・_・;) 145代フリッツ王の記憶がジーク&エレン接触で蘇るという展開は良いですね! 現在のエレンがジークに洗脳されていて、ここで目が覚めるというのもありそうですよ!, こんにちは(^-^)2度目の投稿失礼します。 私はジークがクサヴァーさんから「体の構造を変えられる」事実を聞いてこの考えに至ったことが意外とストレートだなと思ったんです。 ジークにはもっと何か底知れない思考があると思ってたので…。 なのでエレンも結構シンプルでストレートなこと考えてるのかなと思います。, 前に投稿した大地の悪魔との契約が解除できる前提でですが、マーレに渡る前「地鳴らし」の脅威でエルディアを救うつもりだったエレンはこの「体の構造を変えられる」ことを知り, そして壁がユミルの民でできてるとして、壁の巨人を人間に戻す「地均し」をする考えに変わったのではと思います。 壁が一斉に崩れ巨人が人間に戻る光景を目の当たりにしたら悪魔は消滅したと証明できるのではないかと。, それでも今現在のエルディア人への差別は残るだろうし、完全にエルディア人を保護するにはギラさまのおっしゃる方法しかないと私も思います。 そこからは生き残った人々が差別されなくなる日まで生を紡いで行くという感じなのかなと思います。, >壁がユミルの民でできてるとして、壁の巨人を人間に戻す「地均し」をする考えに変わったのではと思います。 壁が一斉に崩れ巨人が人間に戻る光景を目の当たりにしたら悪魔は消滅したと証明できるのではないかと。, 良いですね!この展開を想像するとスゴく熱いですよ! 壁の巨人は「無垢の巨人」ですしユミルの民に間違いないでしょう。 超大型巨人ですが、無垢の巨人であることは間違いないと思います。 光が当たらなければ眠るというのは、無垢の巨人の証明でしょうし。, 現在の原作で、このテーマとなるとやはり団長はじめ皆さんの考察も迷いが感じられますね。, 私自身もあっちにフラフラ、こっちにフラフラと態度が定まりませんが、やはり「エレンが脅迫されている説」を最後まで信じてみようと思います。, 単独行動、マーレ急襲、アルミンやミカサへの絶縁、調査兵団だけの拘束、サシャ死亡時の悔しそうな表情、ザックレー総統死亡報告時の無関心さ、いつでも脱獄出来るのにしなかった事等々…。, 特にサシャ死亡時の悔しそうな表情は、その為にサシャ死亡のシナリオを先延ばししたのでは無いかと思っています。, イェレナの手引によりジークと会い単独行動へ展開していったエレンが、パラディ島期間後拘束され脱獄するまで一人で色々と考える時間が欲しくて拘束を甘んじていたのでは無いかと思います。, ジークの居場所を案内させる名目でハンジ団長達の所へ向かったのは、ミカサアルミンと話す為では無いかと思います。, 表向きは仲違いであり暴力沙汰になってしまいましたが、アルミンは正解を導く力はいつもあらゆる情報が集まってから発揮しており、話し合い後に登場するのかなと思います。, 始祖の力絡みはまだ分かりませんが、こんなハッピーエンドな展開を信じてみたいですね。, >「エレンが脅迫されている説」を最後まで信じてみようと この展開もありますよね! 「ジークを騙している展開」もそうですが、「エレンの真意は別にある」という事ですよね! この展開になりそうですよね!, エレンとジークの目的はストーリ的に一致しないですよね。巨人の駆逐と自由を求めたエレンとエルディア人における苦しみからの解放を求めたジークとは目的は異なると思います。, 最近のエレンの変貌が気になっていましたが、変貌したのではなく演技と思うようになりました。「何かを捨てる覚悟」という意味で、仲間とのつながりを捨て得たいものがあるのだと思うようになりました。, エレンの目的(得たいもの)は、巨人の存在そのものを消し去ることと思われますが、座標の発動で解決できるのではなく、進撃の巨人全体の伏線に関わる謎解きにより得られるものだと思われます。 まだまだ、考察は続きますね!, エレンの演技説は同感ですよ! ジークに対しどのようにエレンが展開していくのか楽しみです!(*^^*), 昨日投稿させていただいたあと、団員のみなささんや団長のコメントを拝見して、自分の考察に大きな穴があることに気付きました。, アルミンが超大型巨人を宿している限り、彼が生き残る結末はないのですよね。浅はかでした…。 この点を解決すべく考えたのですが、超大型巨人と他の8体の知性巨人とでは、性質や成り立ちがそもそも違うとように思うのです。, 超大型以外の知性巨人はそれぞれ1体ずつしか存在しないのに対し、超大型巨人は壁の中に何百万体と存在します。, エレンは地ならしを発動したあと、遺伝子組み換えによる身体構造の書きかえ、道の消滅など、何らかの方法で解き放たれた超大型巨人を人間にもどし、彼らに宿る超大型を消す。同時にアルミンの中の超大型も消滅する。, ご都合主義にも思えますが、ミカサはともかく、アルミンはどうしても生き残らなければならないように思うのです。, 9つの巨人を集める展開はアルミンが退場しないといけなくなるので、あり得ると思うのですが推したくは無いんですよね(笑), ナレーションであることもそうですが、当初の背表紙に載っていない事も裏を返すと退場しないという伏線かなと。 ユミルは退場しましたが( ̄▽ ̄;) 願望満載ですが、アルミンは退場しないと考えています。, そうですよね…。私もアルミンには退場して欲しくありません。今はエレンと袂を分かったようにみえますが、物語の最後には、かけがえのない友人同士に戻ってほしい。団長同様、願望満載ですが…, ところで、当初の背表紙に載っていないとは、どういうことですか? 勉強不足で申し訳ないのですが、ご教示いただければ幸いです。, ふと思ったのですが、エレンがジークを補食したら王家の血も巨人の能力と一緒に受け継げられるという事はないでしょうか?? エルディア人戦士隊を率いるジークは巨人戦力の統制を絶対的な物とする名目の元、改めて「始祖」奪還を軍上層部に提言する。 収容区に帰還したエルディア人部隊がつかの間の休息を得ている頃、戦士候補生のファルコは入院している負傷兵のクルーガーと次第に親しくなっていく。やがて� ジークは口調と表情が合ってないし、期待され続けた人生でこの世界に疲れてますってキャラに感じた 緑茶が大好きで毎日飲んでいるので、それも対象なら1~2缶購入したいのですが、... https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14205964479. イントロが似てる曲を教えてください。, 仲村宗悟は映画の鬼滅の刃でなんの役で出てましたか? って、アレぇ? ジーク、グリシャと考え方が紙一重じゃないか(汗)? 鬼滅の刃コラボの炭治郎を変身させたいんですが元に戻ってしまいます。 ジークが父親と母親両方を売った あれがあるから、ユミルの民がいる限り巨人が消えない 834年くらい グリシャとカルラ結婚 勢いついた戦士どもは厄介。自分らの信じる道が絶対だと思ってる。仮に間違っていたとしても認めない。認めてしまったら最後、彼らの存在意義が無くなってしまうから。 グリシャ処刑に立ち合ったマーレ兵が知性巨人(クルーガー)に皆殺しにされてるから、何かあったことはマーレも分かってたはず。 イーパークにてくら寿司を予約し、2000円以上食べてレシートを持って帰ってきました。ポイントを貯めようとレシートを写真で撮ってアップロードしようとしました。 それが「戦士」なのではないかと。, マーレは滅んでるかもな。で。エルディア人がマーレに成り代わってる可能性がある。 当時グリシャは13年縛りを知らなかった事はジークに伝わってないとして、メガネの人は13年縛りを知ってたとしたら... 依然として強大な武力を持つのは王であり、貴族(マーレ工作員)は武力的干渉ができない。 こういうことか?うわ~, ジークもエルディア全滅を目指しているのかと思っていた。 5歳?の子供がスパイとして送り込まれた先で、真逆の教育と脅しを受けてそっちの思考に染まってしまっただけというのでも話は通じるけど, 普通の国家として考えたら飛行船で様子見ってのは領空侵犯だから、 ジークはマーレの連絡係に嘘の壁内情報を教えることも可能だよな。マーレ側を完全に信用し切って素直に従ってるとも思えないからさ。マーレ、ジークら、壁内、それぞれ望む未来が違うような気がする……。 くらいがいいな。 と書いてる人もいるけど、どうかな。 グリシャは医師だから、寿命を延ばす方法を編み出したとか?僕的には、自傷行為が関係あると思うんだけど、一時期エレンが巨人化出来なかった場面があった。その時、クルーガーが意識の中から訴えてたとか。寿命を延ばしたければあまり使うなみたいな。, 確かにジークの子供時代の目って、巨人になった後の 煉獄杏寿郎外伝 は劇場で配布される煉獄零巻 に掲載されているのでしょうか?また掲載されていない場合、少年ジャンプを買う以外に読む方法はないですか? 哀れな少年兵(ライベルアニ)とその成れの果て(ジーク)でも物語的には成り立つか。 しかもグリシャ自身も親に「そんなに父さんと母さんと一緒に楽園へ行きたいのか」的な事言われてたし、もしかしたら普通に暮らしてる普通の人はあんなマーレに反発してないんじゃない? 親が自分に大義を成して死ねと言った事に恐怖を感じて密告したのかも. 単純な構図が複雑になり焦点が複数に分散化した感じはある。 グリシャはグリシャで長年アプローチをかけてきたと。, 13 アッカーマンが滅び、誰かがそのパンドラの箱を開けるまでという制限付きだけどな, 42 あの頃はアツくて濃くて今よりは構図が単純だった気がする, 単純な構図だからこその、濃さと熱さもあるよね。 うーん ジークは強い精神的な圧迫あったでしょうに... ジーク・イェーガーは、マーレの戦士長です。しかし、ジークの本当の目的は「エルディア人の復権」だったのです。また、エレンとは腹違いの兄弟でもあったことが判明しました。そこで、ジークの活躍や本性に ついてまとめましたので、参考にしてみてください。 能力を隠していたら別だけど。, エレンとヒストリアをジーク達は助けると言ってて つまりジークは「エレンはエルディア復活の為に巨人の力を与えられて、利用されてる」と思ってるのか?