バラ10枚と、そのバラバラな10枚のそれぞれに続く番号のバラ10枚を購入する方法です。 縦バラで3セット30枚を購入すると、バラなのに1等+前後賞が当たる可能性があります。 それが 「縦バラ」 という買い方です。 これはバラを10枚1口で3口以上、つまり30枚以上購入する訳ですが、その時に3口のくじの番号が連番になるように購入する方法です。 連番を3枚ずつ10セット買う という買い方ですね。 例えば… 「縦バラ」 2. 「特連」 3. 「特バラ」 という買い方が存在することを知り、調べてみると、意外と簡単に覚えられる内容なので 一つ一つの仕組みについて次にご紹介していきます! 特バラとは、 宝くじ番号の下2桁が00~99まで連番になった買い方 です。 簡単にいうと、縦バラが10セット(100枚)になったのが「特バラ」です。 私は宝くじ初心者なのですが、冒頭でもご紹介した通り、「連番」や「バラ」という買い方は知っていたので、 宝くじを買う際は連番10枚、バラ20枚の30枚を購入していました。 しかし、それ以外にも 1. 宝くじの購入方法は連番とバラだけではありません。 縦バラ・縦ばら・特バラ・特連・福連・福バラ・3連バラ・縦連・30枚通し・100枚ぶっ通し・1000枚ぶっ通し・ダブル・縦特バラ300枚セットなど大規模な売場に行くと色々な購入方法が有りますので吟味して高額当選を目指しましょう! 縦バラ. 縦バラが3セットなら「300円×30枚」なので、購入金額は9,000円になります。 特バラ.