テレビ東京『開運!何でも鑑定団』の8月13日の放送に出演されていました。, 群馬県在住の演歌歌手のリコさん テレビで「開運なんでも鑑定団」を観ていたら依頼人として「寅谷リコ」さんが登場しました。寅谷リコさんは地元・群馬を中心に活動する演歌歌手で、演歌だけでなくミニスカートでポップスを歌うこともあるそうです。地元・群馬を中心に、温泉施設やイベントに nana net」 。. グランドチャンピオンに輝く。, 2004年  カラオケスタジオ主催のコンテストでは、全国大会でグランドチャンピオンに輝く。, 2006年  日本テレビのオーディション番組『歌スタ! !」と語っている[91]。, 2007年頃にヨガにはまっていた時期があり、歌手のSuaraらも勧誘したこともある[92]。その後スケジュールが合わなくなり一時行わなかったが2013年から再開し[93]、プライベート旅行先の小浜島やセドナでもヨガを楽しんでいる[94][95]。, 西洋アンティークの本格的なアクセサリーやインテリアの収集も好み[96]、特にロザリオが大好きでペンダントトップが聖杯になったロザリオをブログで紹介したほか[97][98]、その他十戒が刻まれたブレスレット[99]、西洋騎士の甲冑の置物といったコレクションも紹介している[100]。, 同じ事務所に所属し、ラジオ番組『スマイルギャング』で共演する福圓美里とは関係が深く、誕生日も近いため毎年プレゼント交換を行っている。また、『魔法少女リリカルなのはシリーズ』や『NARUTO -ナルト-』、『Memories Off After Rain』で共演した田村ゆかりとも仲良しで、『Animelo Summer Live』でデュエットをした。また、横浜アリーナでライブをした時の水樹の姿を見た田村は、後に自身のラジオ番組(『田村ゆかりのいたずら黒うさぎ』230回)で「あいつかっけぇよ!」とコメントしている。, 旧知の仲である堀江由衣とは服など趣味が合い、堀江のラジオである『堀江由衣の天使のたまご』に度々ゲストとして登場している。能登麻美子[101] や沢城みゆき[102][103][104] とも、一緒に旅行するなど親交を深めている。, 『いちご100%』で共演した能登、小林沙苗[105]、豊口めぐみとも、いちご会を結成し[106][107][108]、食事に行く[109] など親交を深めている。, 2019年7月まで同じ事務所に所属していた水沢史絵とは、『ハートキャッチプリキュア!』で共演して以来親交を深めており、2011年2月より共に英語教室に通っている[110]。水沢が雑誌「コバルト」で作家デビューした際には推薦コメントを寄せている。, 酒が飲めないらしく、先輩の林原めぐみに初心者用のカクテルを用意してもらったことがあり[111]、『林原めぐみのHeartful Station』や『林原めぐみのTokyo Boogie Night』にもゲストに出演したことがある[112]。, アルパ奏者の上松美香とは、『Heart-shaped chant』で共演して以降、水樹が上松の自宅を訪れたり一緒に旅行するなど親交を深めている[113]。また、水樹が初出場を果たした『第60回NHK紅白歌合戦』でも、二人の共演が実現した。, 堀越高等学校1学年3学期に同級生となった片山さゆりは水樹にとって「人生で最初の親友」である[114]。後に片山はSAYURIの筆名で作詞家として水樹に歌詞を提供している[114]。また、Kinki Kidsの堂本剛とは、高校時代の同級生で同じクラスメイト。高校卒業以来会ったことがなかったが、番組共演で14年ぶりに再会した[115]。高校時代は仕事で授業に出られない堂本に水樹がノートを貸していたが、あまり会話したことはなかった。また、学生時代演歌歌手を目指していたことや大人しく成績優秀だったため、歌番組で水樹がパワフルな歌を披露していたことに堂本が驚いたという[115]。なお、堂本は当時の名残で、番組出演時は水樹のことを本名の「近藤さん」と呼ぶ。他にもともさかりえや山口紗弥加、佐藤仁美も高校の同級生である[116]。, とんねるずの木梨憲武とも交友関係があり、木梨が水樹のライブへ行ったり、逆に水樹が木梨のライブへ行ったりと、お互いのライブを行き来し合っている。これは、水樹がゲスト出演した2010年6月17日放送の『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ)のコーナー「新・食わず嫌い王決定戦」でも木梨が明かしている[117]。また、『今夜も生でさだまさし』(NHK総合テレビ)の番組ファン[118] であり、当番組の出演や『MUSIC FAIR』および『2012 FNS歌謡祭』(共にフジテレビ)などの番組でさだまさしとの共演があった。, 杉田智和とは『バジリスク 〜甲賀忍法帖〜』で共演して以来、共通の趣味も多いということでとても親しくなり、今でも連絡を取り合ったりプライベートでも食事に行く仲。同事務所所属の中村悠一とも同い年・四国出身ということで親しく、3人で食事に行ったこともある。, 同レーベル所属の宮野真守や後輩の瀬戸麻沙美とは姉弟(姉妹)のような間柄で、食事に行ったりお互いのライブを観に行くなどしている。水樹が宮野のラジオにサプライズで誕生日メッセージを送ったことがあり、特に瀬戸を妹のように支え、彼女の大学受験合格や20歳の誕生日、成人式を祝ったこともある[119][120][121]。, 自身は阪神ファンで、ファンになったきっかけは、巨人ファンの父親がテレビでナイター中継を見ており、それに合わせる形で一緒に見ているうちに、当時負け続けていた阪神を見るたびにかわいそうに思い始め、気づいたら応援するようになっていたという。また父親が野球審判の資格を取るほどに野球好きで、ルールも丁寧に説明するなど、野球ファンになったのは父親の影響があるとも語っている[122]。, 声優雑誌『hm3 SPECIAL』や『Pick-up Voice』での彼女のインタビュー記事ではジャンル外であるにもかかわらず、ほぼ毎回といっていいほどの頻度でインタビュアーから「阪神ネタ」の質問をされる。お気に入りの選手は矢野燿大[注 19]。2006年に日本武道館にて行われた『NANA MIZUKI LIVEDOM 2006 -BIRTH-』で、矢野本人からのビデオメッセージとサインボールをプレゼントされた。2007年7月27日には「hm3 SPECIAL」の企画で、対横浜ベイスターズ戦(阪神甲子園球場)を初観戦した[注 20]。他に、マット・マートン[123]、赤星憲広[124]、能見篤史[注 21]、原口文仁もお気に入りの選手として挙げている。阪神好きが高じて、2009年4月から9月まで、GAORAの『ぷちトラ!』にナビゲーターとして出演。リニューアルされた阪神甲子園球場の注目スポットや、タイガースの応援歌「六甲おろし」を上手く歌う方法を紹介している。また、『スマイルギャング』にて番組開始以来毎年プロ野球のシーズン開幕時に優勝予想を行うが、毎年のように阪神が優勝すると予想している。, 「NANA MIZUKI LIVE ATTRACTION 2003 -Hall Side-」京都公演にて、客席から「六甲おろし」コールが沸き上がり、実際に歌っていた。また、Billboard JAPAN Music Awards 2010の授賞式の打ち上げ会場にて、坂井信也(当時の阪神球団オーナー)と対面を果たし、タイガースへの熱い思いを語っていた[125][注 22]。また、2016年6月28日よりホームゲームの球場ビジョンで使用される『みんなで六甲おろし』の「リードヴォーカル 水樹奈々ver.」のリードボーカルを担当した[126] ほか、2016年7月29日には阪神甲子園球場での「ウル虎の夏2016」に出演した[127]。, 長年「甲子園球場でライブをしたい」と話していた[60] が、2016年9月22日に阪神甲子園球場でライブを開催したことで、念願を果たした[36][37]。阪神甲子園球場では高校野球・プロ野球の開催が優先されることや、球場周辺は住宅街のため騒音問題があること、天然芝の保護に伴う規制もありライブ開催が難しく、今回の開催は異例であった[注 23]。デイリースポーツがインタビュー記事や過去記事のアーカイブなどで構成した開催記念特集号を制作、阪神甲子園球場やAmazonで販売した[128][129]。ライブ翌日の「めざましテレビ」では、声優・歌手ではなく「阪神タイガースファン」として紹介されていた。このライブにより、同球場の天然芝が傷んでしまったと一部で報道があったことを受け、球場側との打ち合わせどおりに行われたもので、会場設営からライブまで続いた荒天による影響が大きかったが、キングレコード、シグマ・セブン、および公演主催者らが連名で「多くの野球ファンの皆様ならびに関係各所の皆様にご心配をおかけいたしました」とコメントを発表した[130][131]。また、球場の管理を行う阪神園芸の関係者も「水樹さんが悪いのではなく、誰のコンサートでもこうなっていた。雨がずっと降っていたため」と説明している[132]。, 甲子園球場でのライブ開催前には、MBSラジオ[注 24] で当時放送されていた「Till Dawn Music」にて水樹の楽曲の特集が2回にわたって組まれ、2度目は当日の未明に放送された。, また、デイリースポーツが2017年に創刊70周年を迎えたのを記念して同紙の特別編集長に就任、4月25日から第4火曜日に阪神について語る連載「奈々トラ!」を始めている(4月分は関東版・関西版にのみ掲載。5月以降は瀬戸内版にも掲載)。, 高校生になるまで、マクドナルドに行ったことがなくマクドナルドでハンバーガーを食べるのが夢だった。(本人の自伝より), 2006年に井上喜久子率いる「17歳教」に加入を希望したが、井上曰く「まだ概ね若い」という理由で「17才教ジュニア」という設定になっている(17才教は主に堀江由衣、田村ゆかり、野川さくらなどがメンバーとなっている)。, 2007年にゲスト出演した番組「@Tunes.」(第59回放送)にて、女性の霊能者と対談した際、「あなたの前世はフランスの修道女だった」と言われたことがある。その後、『ナナ☆スタ』[96] など雑誌のインタビューでもこの事に何度か触れており、『声優PARADISE vol.4』では、以前に『ULTIMATE DIAMOND』の撮影で訪れたロンドンでの不思議体験について触れている。ロンドンのセントポール大聖堂に訪れる前日に、霊感の強いスタッフから「明日は奈々さんの前世に関わる何かに出会うと思います」と言われ、「聖堂でお祈りをした時、大号泣して“ただいま”と無意識に言っていた」という。また、同誌で「ある方から“あなたはフランスにご縁がある方ですよ”と言われたことがあるんです。ロンドンで不思議体験をしてびっくりしたんですけど、フランスに行ったらまた違う何かがあるのかな…」と答えている[133]。なお、2013年1月に念願のフランス旅行に母と行った際、訪れたノートルダム寺院で、ロンドンに続きまたも号泣してしまったという[134]。さらに、子供の頃通っていた幼稚園が、「聖マリア幼稚園」というミッション系の幼稚園で、先生は皆シスターだった、と自身のブログで語っている[135]。, 稀に同郷(愛媛県)出身の眞鍋かをりと間違われることがある[136][137]。これは逆のケースもある[138]。なお、2人は2009年12月に念願の初対面を実現している[139][140]。, 2008年10月29日に父親を亡くしている[91][141][13][142]。父が亡くなる約10年前に脳梗塞で倒れた時、医師から「いま(1998年当時)の医学ではどうすることもできない」「手術は不可能」と宣告された[91][143]。デビュー間もなかったため、闘病する父のそばにいたいという想いもあったが、「自分が歌い続ける」という夢を追うことが父の夢でもあることから活動の継続を決意した[13]。のちにNHK紅白歌合戦に出場した際、司会の仲間由紀恵から父の事を聞かれ、「(父は)歌が大好きだった」と回顧している。, 2009年11月21日、東京国際展示場で行なわれた4回目のファンクラブイベントにて「コンサートにおける最も騒がしい人々」[注 25]「世界一の人数のハンドウェイブ」「世界一の人数の吹き戻し」の3つをギネス世界記録に挑戦し「世界一の人数のハンドウェイブ」7014人[144][注 26]、「世界一の人数の吹き戻し」6961人[145][注 27] の2つが認定される。「コンサートにおける最も騒がしい人々」については、2017年にさいたまスーパーアリーナで行われた7回目のファンクラブイベントで再挑戦したが、認定には至らなかった。, 『MUSIC FAIR』(フジテレビ)に出演した際、「呆れるぐらい病院に行かない」と話し、「気合で体調不良を治せると思っていて、周囲の人間に検査に行った方がいいんじゃないかと勧められても、基本的に行かない」という。しかし、2012年、腹部に少し痛みを感じ、久々に病院へ行き検査をしたところ、「十二指腸潰瘍が出来てましたね」と言われ、「自己治癒力で既に治っていた」という。「気合で人間って何でも出来るんだな、と思いました」と語っていた[146]。2002年には喉に炎症を起こし、声帯が硬くなってタコができた状態となり、休養することとなった。この際医師から1ヶ月は安静にするようにと診断されたものの、2日間声を出さない状態で務めた結果、医師が驚くほどに回復していたという。この喉の回復力について、幼い頃からの父親からの指導のおかげだとしている[147]。また、2014年6月21日のライブツアーの北九州公演1日目終了後に声が出ない状態となり、医師の診断の結果声帯の炎症(その後急性声帯炎・上気道炎による音声障害と診断)で加療が必要となり、北九州公演の2日目と翌週の鳥取・山口公演は中止となった[148][149][注 28]。, 2010年、ポルノグラフィティのアルバム『∠TRIGGER』の収録曲「Introduction 〜迫リ来ルMONSTER〜」で、ゆかなとともにキャラクター・ボイスとして参加した[150]。元々、出演作『鋼の錬金術師』(2003年)で出演者と主題歌アーティストという関係であったこと、『NHK紅白歌合戦』や『MUSIC JAPAN』など度々の共演、本間昭光と今浪祐介という両者共通の関係者[注 29] の縁もあり引き受けたが、コーラスではなくキャラクター・ボイスとしての参加に不思議な感覚を覚えたという(「ポルノグラフィティの2人は、興味深そうにこちらを見ていた」「2人がアフレコにチャレンジした際にはアドバイスさせて頂いた」。水樹談)[150][151][152]。また、この縁で、2012年に刊行されたドキュメント・ブック『別冊カドカワ 総力特集 ポルノグラフィティ 「挑戦」』に、スペシャル・ゲストの1人として参加した[150]。先述の『鋼の錬金術師』やアフレコ時のエピソードに触れつつ、ポルノグラフィティの印象やお気に入りの一曲として挙げた「メリッサ」について語り、「「声」が必要でしたら、いつでもお声をかけてください(笑)」とメッセージを送った[150]。, 『MUSIC JAPAN』についてはゲスト(扱い)の出演・歌唱曲を記載。※印の番組は生放送での出演を示す。, ※公演規模・会場名の後に「☆」のある会場は、声優では初めてライブを開催した会場であることを示す。ただし、武道館・アリーナクラスの大きな会場のみで、小さな会場でのライブは除く。, 2002年11月23日 ON AIR OSAKA11月28日 CLUB DIAMOND HALL11月30日 東京国際フォーラム ホールC2003年1月5日 Zepp Tokyo(追加公演), 7月19日 Zepp Sendai7月21日 Zepp Sapporo7月26日 Zepp Osaka7月27日 Zepp Fukuoka8月3日 Zepp Tokyo8月22日 川口総合文化センター メインホール8月24日 愛知県勤労会館8月25日 京都会館 第二ホール8月27日 松山市民会館 中ホール8月31日 渋谷公会堂, 7月17日 CLUB DIAMOND HALL7月24日 Zepp Fukuoka7月25日 Zepp Osaka7月30日 Zepp Tokyo7月31日 Zepp Tokyo8月13日 Zepp Sapporo8月15日 Zepp Sendai, 2004年12月12日 愛知厚生年金会館12月13日 大阪厚生年金会館2005年1月2日 日本武道館, 7月23日 Zepp Fukuoka7月31日 Zepp Sendai8月5日 Zepp Nagoya8月14日 森のホール21 大ホール8月20日 NHK大阪ホール8月28日 パシフィコ横浜 国立大ホール, 7月15日 Zepp Sendai7月22日 Zepp Fukuoka7月29日 日比谷野外大音楽堂8月5日 愛媛県県民文化会館 サブホール8月12日 大阪厚生年金会館8月13日 名古屋市民会館8月19日 パシフィコ横浜 国立大ホール8月20日 パシフィコ横浜 国立大ホール, 2007年12月2日 名古屋国際会議場 センチュリーホール12月15日 アステールプラザ 大ホール12月16日 松山市民会館 大ホール12月22日 東京厚生年金会館12月24日 仙台サンプラザ12月31日 大阪府立国際会議場 メインホール2008年1月3日 さいたまスーパーアリーナ(メインアリーナモード), 7月5日 国立代々木競技場 第一体育館 (BLUE SIDE)7月6日 国立代々木競技場 第一体育館 (RED SIDE), 1月10日 NHK大阪ホール1月11日 NHK大阪ホール1月17日 名古屋国際会議場 センチュリーホール1月18日 名古屋国際会議場 センチュリーホール1月23日 日本武道館1月24日 日本武道館1月25日 日本武道館, 2月14日 福岡国際会議場 メインホール2月20日 新居浜市市民文化センター 大ホール3月7日 仙台サンプラザホール3月13日 横浜アリーナ3月14日 横浜アリーナ3月20日 大阪城ホール3月27日 日本ガイシホール, 7月24日 西武ドーム (RED STAGE)7月25日 西武ドーム (BLUE STAGE), 5月7日 福岡サンパレスホール5月14日 倉敷市民会館5月21日 宇都宮市文化会館6月4日 本多の森ホール6月5日 新潟県民会館6月12日 アクトシティ浜松6月18日 ニトリ文化ホール6月25日 愛媛県県民文化会館 メインホール7月9日 日本ガイシホール7月10日 日本ガイシホール7月18日 大阪城ホール7月24日 さいたまスーパーアリーナ(スタジアムモード☆)8月13日 仙台サンプラザホール[注 56]8月14日 仙台サンプラザホール[注 57], 12月3日 東京ドーム (QUEEN'S NIGHT) ☆12月4日 東京ドーム (KING'S NIGHT), 6月24日 島根県民会館6月30日 セキスイハイムスーパーアリーナ7月7日 グリーンドーム前橋7月15日 大阪城ホール7月16日 大阪城ホール7月21日 福井フェニックスプラザ7月22日 高岡市民会館8月4日 日本ガイシホール8月5日 日本ガイシホール8月11日 長崎ブリックホール8月12日 佐賀市文化会館8月18日 秋田県民会館8月19日 青森市文化会館9月8日 QVCマリンフィールド ☆, 1月19日 さいたまスーパーアリーナ(スタジアムモード)1月20日 さいたまスーパーアリーナ(スタジアムモード), 7月7日 愛媛県武道館7月14日 大阪城ホール7月15日 大阪城ホール7月20日 北上市文化交流センター さくらホール7月21日 須賀川市文化センター8月3日 西武ドーム8月4日 西武ドーム8月10日 宮崎市民文化ホール8月11日 鹿児島市民文化ホール 第1ホール8月17日 日本ガイシホール8月18日 日本ガイシホールNANA MIZUKI LIVE CIRCUS 2013+ (初の海外公演)11月23日 Legacy Taipei11月24日 Legacy Taipei, 6月1日 富士急ハイランド『コニファーフォレスト』サウンドコニファー2296月8日 長野ビッグハット6月14日 三重県営サンアリーナ6月15日 三重県営サンアリーナ6月21日 北九州メディアドーム7月5日 やまぎんホール7月6日 東京エレクトロンホール宮城7月11日 大阪市中央体育館7月12日 大阪市中央体育館7月20日 さぬき市野外音楽広場テアトロン8月3日 横浜スタジアム ☆NANA MIZUKI LIVE FLIGHT 2014+9月27日 RESORTS WORLD THEATRE(シンガポール)10月4日 台北市立大学天母校区体育館10月5日 台北市立大学天母校区体育館, 1月17日 さいたまスーパーアリーナ (スタジアムモード)1月18日 さいたまスーパーアリーナ (スタジアムモード), 7月4日 ひめぎんホール7月11日 大阪城ホール7月12日 大阪城ホール7月25日 エコパアリーナ8月1日 ゼビオアリーナ仙台8月2日 ゼビオアリーナ仙台8月8日 北九州メディアドーム8月15日 日本ガイシホール8月16日 日本ガイシホール8月22日 周南市文化会館8月23日 滋賀県立芸術劇場 びわ湖ホール9月5日 とりぎん文化会館9月12日 アスティとくしま9月19日 西武プリンスドーム, 4月9日 東京ドーム (GENESIS)4月10日 東京ドーム (FRONTIER), 1月7日 日本ガイシホール1月8日 日本ガイシホール1月14日 別府ビーコンプラザ コンベンションホール1月15日 別府ビーコンプラザ コンベンションホール1月21日 大阪城ホール1月22日 大阪城ホール1月28日 国立代々木競技場 第一体育館1月29日 国立代々木競技場 第一体育館2月18日 ニトリ文化ホール2月19日 ニトリ文化ホール2月25日 新潟県民会館 大ホール3月4日 ぎのわん海浜公園 屋外劇場3月11日 さいたまスーパーアリーナ(スタジアムモード)3月12日 さいたまスーパーアリーナ(スタジアムモード), 1月11日 日本武道館1月13日 日本武道館1月14日 日本武道館1月16日 日本武道館1月18日 日本武道館1月20日 日本武道館1月21日 日本武道館, 6月23日 セキスイハイムスーパーアリーナ7月7日 大阪城ホール7月8日 大阪城ホール7月15日 長良川国際会議場メインホール7月21日 広島サンプラザホール7月28日 高知県立県民体育館8月4日 熊本県野外劇場アスペクタ ☆8月11日 日本ガイシホール8月12日 日本ガイシホール8月18日 和歌山県民文化会館大ホール8月19日 なら100年会館9月1日 メットライフドームNANA MIZUKI LIVE ISLAND 2018+9月29日 国立体育大学体育館10月13日 ヒマラヤセンター大観舞台, 1月19日 さいたまスーパーアリーナ(メインアリーナモード)1月20日 さいたまスーパーアリーナ(メインアリーナモード), 7月6日 ワールド記念ホール7月7日 ワールド記念ホール7月13日 宗像ユリックス イベントホール7月14日 宗像ユリックス イベントホール7月20日 京都パルスプラザ 大展示場7月21日 京都パルスプラザ 大展示場8月3日 レクザムホール 大ホール8月11日 ベイシア文化ホール 大ホール8月17日 岩手産業文化センター アピオ8月24日 エコパアリーナ8月25日 エコパアリーナ9月15日 ZOZOマリンスタジアム, ななちょもは前述の通り水樹の妹がデザインした物で、一人称は「ちょも」、語尾に「ぷ」「ぷぅ〜」などを付けることが多い。主に公式サイトのファンクラブブログ更新を担当しているほか、FCグッズとしてぬいぐるみが販売されている。, ナネットさんは水樹本人がデザインした物で、丸い身体をした鳥。ライブ開催時にはナネットさんが描かれているグッズが販売されるほか、着ぐるみも登場している。2015年7月と2016年4月にはナネットさんのLINEスタンプが販売されており、第2弾にはななちょもが入っているスタンプも含まれている[343][344]。2012年には「あにまるワンだ〜」(当時水樹がナレーションを行っていたNHK BSプレミアムの教養番組)、2016年にはトラッキー(阪神タイガースのマスコット)とのコラボレーションを行いグッズが発売された。なお、ナネットさんのグッズは一般のライブでも発売されているため、ファンクラブ非会員でも会場に行くことで購入は可能である。, Sakura Revolution - 告白“決めてよ!” - Private Emotion, 電撃G's Radioコンピレーションミニアルバム「Gラジ音楽部」 - Song Communication, 師弟間での「じゃれ合い」程度の行為だったが、「思春期の女の子が傷つくには、それは十分すぎるほどだった」としている。一方で、退学を回避できるよう配慮してくれたことなど、感謝もしていると述べている。, これは、第60回NHK紅白から新設されるパソコン・携帯電話などのデジタルコンテンツ向けパブリシティ担当である。, 「声優という職業をその年に各メディアを通じて最も多く広めた人物」に贈られる賞。この賞は次回から女性限定で同趣旨の「高橋和枝賞」が新設されたことによって男性限定の賞になったため、女性では水樹が唯一の受賞者ということになった。, 開催時期は年によって異なり、2010年までは冬場に開催されることが多かったが、2011年から2015年までと2018年と2019年は夏場に開催されている。2017年には、7年ぶりに冬場に開催されている。, 『NOëL 〜La neige〜』、『NOëL 〜La neige〜 Special』, 『eXceed3rd-JADE PENETRATE-』(2007年)、『eXceed3rd-JADE PENETRATE- BLACK PACKAGE』(2009年), 『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 背中を託せし者』(2009年)、『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 約束の日へ』(2010年), 「はじまりの迷宮」(2013年、大型アップデートで登場。)、「新たなる世界」(2014年), 「無印」(アップデート関連、2014年 - 2015年)、『ブレードアークス フロム シャイニングEX』(2015年)、『ブレードアークス リベリオン フロム シャイニング』(2019年), 自身のライブツアー『NANA MIZUKI LIVE ACADEMY 2010』最終公演会場(, 参加ミュージシャンは、大平勉 矢吹俊郎 渡辺豊 是永巧一 テレビのテロップにはダンサーは「TEAM YO-DA」のみだが「YO-DA jr」と「チアリーディング」も参加している。, 水樹奈々 スマイルギャング 4周年記念!シャッス4!! 本名は山田 清志 で、通称はkii 、きーちゃん 。 身長178cm。 体重62kg。 血液型はA型。レコード会社は日本コロムビア、芸能事務所は長良プロダクションに所属する。 ボイスCD(2008年11月6日、菊池理宇), Nana Mizuki Official Fan Club S.C. NANA NET Birthday Message CD(2009年7月1日〜), 蹴者のHEART 〜J.LEAGUE STORY〜(2010年2月 - 同年3月、, アニマルプラネット「かわいい!3黒猫と茶トラ猫」(2015年9月、アニマル・プラネット・ジャパン), ザ・ドキュメンタリー「私は野球がしたい〜女子プロ野球 梅本由紀〜」(2010年9月25日、, MJ presents 密着!Perfume ドーム5万人ライブへの挑戦(2010年12月30日、NHK総合), 全天周プラネタリウム番組「スターリーテイルズ -星座は時をこえて-」(2011年3月19日に, MJ presents K-POP スペシャル(2011年9月25日・2012年6月15日、NHK総合), MUSIC JAPAN ANNEX(2012年3月24日・2013年10月30日、NHK総合), BBC EARTH 2012 ハウ・ネイチャー・ワークス つながるいのち(2012年12月8日、WOWOWプライム), 全天周プラネタリウム番組「アースシンフォニー -光と水が奏でる空の物語-」(2013年4月27日に, MJ presents Perfume×Technology(2013年10月12日、NHK総合), 小さなレーサーたちの挑戦!〜ストライダーで育む ココロ・カラダ・キズナ〜(2013年12月23日、, eatアナウンサーSP2014 愛媛の"頂"いただきま〜す!(2014年1月2日、愛媛朝日テレビ), チキュウノハテ 〜星降る砂漠と幻の花園・南米大陸へ〜(2014年1月25日、TBS系), 24時間テレビ「愛は地球を救う」(2014年8月31日、日本テレビ) - イモトアヤコ&いとうあさこ被災地の子どもと影絵のコーナーのナレーション, 若き音楽家たちの挑戦〜ドキュメント第84回日本音楽コンクール(2015年12月5日、NHK Eテレ), 24時間テレビ41「愛は地球を救う」(2018年8月26日、日本テレビ) - YOSHIKIと盲目の天才ドラム少年 武道館で夢をかなえる生セッションのコーナーのナレーション, 超スゴ!自衛隊の裏側ぜ〜んぶ見せちゃいます!陸・海・空!自衛隊の裏側テレビ初公開連発SP!(2018年1月14日、テレビ東京), OB vs 現役 プロ野球好珍バトル2019春(2019年3月15日、日本テレビ系), 超スゴ!自衛隊の裏側ぜ〜んぶ見せちゃいます!2(2019年9月15日、テレビ東京), イタズラなKiss THE MOVIE Part3 プロポーズ編(コトリン役(声の出演)), 新世紀アニソンSP(総合:2009年8月16日/「DISCOTHEQUE」、「Pray」), 新世紀アニソンSP 完全版(BS2:2009年8月24日/「DISCOTHEQUE」、「残光のガイア」、「Pray」), 新世紀アニソンSP 完全版MAX(総合:2009年10月17日/「DISCOTHEQUE」、「残光のガイア」、「Pray」), 新世紀アニソンSP.2(総合:2010年1月10日/「PHANTOM MINDS」), 新世紀アニソンSP.2 完全版(BS2:2010年2月13日 総合:3月8日/「BRAVE PHOENIX」、「SUPER GENERATION」、「PHANTOM MINDS」), 新世紀アニソンSP.3(総合:2010年8月8日/「innocent starter」、「, 新世紀アニソンSP.3 完全版(BS2:2010年10月29日 総合:11月9日/「innocent starter」、「Little Wish 〜lyrical step〜」(田村ゆかりとの共演)、「恋の抑止力 -type EXCITER-」、「Don’t be long」), MJ presents 密着!水樹奈々 ドームライブの作り方(総合:2012年1月21日), MJ presents 祝15周年!水樹奈々77分生放送スペシャル!LIVE(BSプレミアム:2015年12月6日/「ETERNAL BLAZE」、「New Sensation」、「エゴアイディール」、「POP MASTER」、「Necessary」(宮野真守との共演)、「Don't be long」(奥井雅美との共演)、「innocent starter」、「想い」、「エデン」)※, MJ presents 祝15周年!水樹奈々77分生放送スペシャル!完全版(BSプレミアム:2016年2月7日/追加楽曲:「Tears' Night」), 2010年7月7日/「NEXT ARCADIA」、「Justice to Believe」、「Silent Bible」、「ETERNAL BLAZE」、「7月7日」※, 3月26日/「愛燦燦」(クリス・ハートとの共演歌唱)、「風に立つライオン」(出演歌手全員歌唱), 3月7日/「MUSIC FAIR テーマ曲」(出演歌手全員歌唱)、「ECHO」(Little Glee Monsterとの共演), 水樹奈々 Live at さいたまスーパーアリーナ〜NANA MIZUKI LIVE JOURNEY 2011〜(フジテレビNEXT:2011年8月19日), 2012年2月26日/「Love Brick」、「SUPER GENERATION」、「Synchrogazer」, 2012年3月18日/「ETERNAL BLAZE」、「POP MASTER」、「POWER GATE」, 2012年6月10日/「Young Alive!」、「DISCOTHEQUE」、「METRO BAROQUE」、「suddenly〜巡り合えて〜」、「Orchestral Fantasia」、「NEXT ARCADIA」, 2014年8月18日/「Justice to Believe」、「Pray」、「純潔パラドックス」、「アパッショナート」、「Astrogation」、「Love Brick」、「SUPER GENERATION」, 2016年4月24日(総合・ラジオ第一松山局エリア)・5月4日(総合・北海道除く全国)・5月7日(総合・北海道エリア), 2013年6月29日・6月30日/「Preserved Roses」(T.M.Revolutionとの共演)※, 2013年10月25日/「革命デュアリズム」(T.M.Revolutionとの共演), 2013年12月1日 2013 第3夜(「オルフェ」・「SCARLET KNIGHT」(宮野真守との共演)、「BRAVE PHOENIX」、「Synchrogazer」), 2014年12月14日 2014 Vol.5(「Presereved Roses」(T.M.Revolutionとの共演)), 2014年12月21日 2014 Vol.6(「恋の抑止力-type EXCITER-」、「BRIGHT STREAM」、「TRANSMIGRATION」(奥井雅美との共演)), 2017年12月3日 2017 Vol.3(「TESTAMENT -Aufwachen Form-」、「UNLIMITED BEAT」), 2013年5月18日/「Preserved Roses」(T.M.Revolutionとの共演), 2013年11月9日/「革命デュアリズム」(T.M.Revolutionとの共演), 2014年1月1日「年越しプレミアライブ2013→2014」/「Presereved Roses」「革命デュアリズム」(T.M.Revolutionとの共演)、「Vitalization」※, 2020年1月1日「年越しプレミアライブ2019→2020」/「DAYBREAKERS」, We Love Japanese Songs! 出典:〔amazon〕加賀友禅の女 imobile_width = 300; imobile_asid = "1634644"; 大沢 桃子(おおさわ ももこ、12月22日 - )は、日本の演歌歌手、シンガーソングライター。 。(本名と生年は非公表)所属事務所はビーエスプロダクション。 所属レコード会社は徳間ジャパンコミュニケーションズ、レーベルはガウス。 身長155cm。 水樹 奈々(みずき なな、1980年1月21日[2] - )は、日本の声優、歌手、ナレーター[3]。愛媛県新居浜市出身[1]。シグマ・セブンとKING AMUSEMENT CREATIVEに所属。公式ファンクラブは「S.C. 男性演歌歌手・女性演歌歌手の一覧。有名・人気演歌歌手や注目の新人歌手などを一覧で掲載。cd・カセット・dvdなどもご購入頂けます。公式サイトやブログもこちらから。-【楽園堂】演歌・歌謡曲のcd・カセットテープ・カラオケdvdの通販ショップ 演歌歌手(えんかかしゅ)は、日本の演歌を歌う歌手である。 本項では演歌歌手の一覧を記す。演歌を歌唱した他ジャンルの歌手、初期の昭和歌謡、ムード歌謡やニューアダルトミュージック等、歌謡曲の一部歌手についてもここに記すこととする。 (ソニーミュージック)でメジャーデビュー‼, 現在は嵐山町の「平成楼」で2代目イメージガールとして活躍中!