長野県北部では、3月12日に震度6強の揺れを観測した。  長野県北部地震(ながのけんほくぶじしん)は、2011年3月12日に発生した地震災害です。, 基準を満たしていなかったため、具体的な名前はついていないのですが、被害を出し、建物の倒壊なども招いた大きな地震災害の一つでもあります。, 発生したのは2011年3月12日の3時59分、 多くの方が寝静まっているであろう時間帯でした。, また、時期を見てもらうと分かるかと思うのですが、前日の2011年3月11日には、あの東日本大震災が発生しており、それから1日と立たないうちに、また別の大きな地震災害が発生したということで衝撃を与えました。, 一方で、世間の目は東日本大震災ばかりに 行っており、この長野県北部地震については、 報道されなかったり、あまり話題にならなかったり していたのも事実です。 が、この地震も被害者を出した大変な地震災害であることに 違いはありません。, 2011年3月12日に発生した地震で、長野県北部を震源とした地震です。マグニチュードは6・7で、最大震度6強を観測した大きな地震です。 内陸部を震源としたものだったため、津波などは 発生しませんでしたが、直下型の地震であるために 建物に大きな被害を出しました。, 独自の名称が定められる基準に達していないとのことで、長野県北部地震、という名称のままですが、現地などでは新潟・長野県境地震や、栄村大震災などといった名称も用いられています。, 地震の強さは、先にも書いた通り、マグニチュード6.7の地震で、最大震度6強を記録しています。, その他、周辺地域で、震度6弱や5、4など 大きな揺れを観測した地点も多く存在しました。, 東日本大震災の翌日ということもあり、混乱が続く中の地震であったために、更なる混乱を招くことになりました。, 長野県北部地震にも、余震が存在していました。特に、地震発生直後には大きな余震も頻発していましたが、次第にこれは沈静化し、同時期に発生していた東日本大震災の余震と比べると、比較的早い段階で鎮静化しました。, とは言え、地震発生当日には震度6、5クラスの余震が複数回発生しているほか、4月、6月にも、最大震度5を超える余震が記録されており、強い余震が繰り返されたのも特徴の1つになります。, なお、後述しますが、この地震自体は ”東日本大震災の余震”ではなく、 東日本大震災における地震活動とはまた別の 地震活動になるため、直接的な関係はありません。, 前兆現象とされる現象の発生は特には報告はされていません。 一部の研究者らが、この地域での地震発生を予測していたようですが 具体的な時期などを予測していたわけではなく、 あくまでも、近年言われているような”南海トラフが起きるかもしれない”ぐらいの レベルのお話であり、具体的に予知されていたわけではありませんでした。, この地域での直接的な前震活動などは確認されておらず、前日の3月11日に三陸沖を震源とする大地震が起こり、東日本大震災が発生しましたが、その時点ではそれに誘発されてこの地震が起きる、などということは誰にも分かりませんでしたし、現在でも、それは難しいことであると思います。, こちらの地震は、東日本大震災における余震活動の 1つとして考えられてしまいがちですが、 実際には、全く別の地震活動であり、 東日本大震災の地震の余震ではありません。, ただし、全く無関係ということではなく他の巨大地震が原因で起きる、遠方誘発地震であったとされる説が有力になっています。 つまりは、東日本大震災に影響されて、 他の地震の発生につながってしまった、とそういうことになります。 東日本大震災の地震の余震ではありませんが、 その影響で、別の地震活動が刺激されてしまった、ということですね。 大きな地震においてはこういうことも時々起こることです。, なお、東日本大震災発生当時には3月15日に「静岡県東部地震」というものも発生しており、こちらも、この長野県北部地震と同じように、誘発されたことにより発生してしまった地震活動であると言われています。 各地で大きな地震が誘発される… それほどまでに東日本大震災のエネルギーは強大であった、 ということがうかがえます。, 同年の6月には長野県中部でマグニチュード5.4最大震度5強を記録した大きな地震が発生しています。 しかしながら、こちらは長野県北部地震の余震ではなく、東日本大震災によって誘発された北部地震とはさらに別の”誘発地震”であると考えられています。, こちらに関しては大きな被害にはなりませんでしたが、 地震活動としては充分大きな部類に入りますし、 東日本大震災の影響の強さが本当に窺い知れる 現象になっているのではないかと思います。, この地震でも、被害が出ており、 人的被害、建造物への被害、経済被害などを 出してしまうことになりました。, 犠牲者の数は3名、負傷者は60名以上にも及びました。また、建造物への影響は、全壊・半壊・居住区以外の損壊なども含めると3000件以上にも及び、その被害の凄さが見て取れるのではないかと思います。, 東日本大震災に隠れてしまいがちで、 その被害の程度が知られていないことも多い 地震災害ではありますが、 震度6強、というのは、とても大きな揺れであり、 その被害状況は深刻なものとなっていました。, 雪が降る地方であったことから、地震によって雪崩が誘発されてしまい、それらが住宅などの損壊に繋がった部分もありました。 東日本大震災の津波もそうですが、 地震の揺れによって、地震そのもの以外にも影響を 及ぼし、人間に対して牙を剥くことがあるのが、 地震災害の恐ろしい部分の一つです。, 交通機関などの麻痺も発生し、 地震発生直後は、交通・流通の双方に 大きな影響を及ぼしました。 ライフラインに関しても「断水」が発生するなどし、 地震災害からしばらくの間、ライフラインが 絶たれた状態での生活を余儀なくされている、という実情がありました。, 当時、東日本大震災により、世の中は大きく混乱している状態でした。そんな中での、別の地震発生により、さらに混乱は広まることに。各地での流通や自粛ムード、計画停電などなど、本当に異様な雰囲気に包まれてしまうほどの大きな一連の自然災害でした。, 長野の地震も、静岡の地震も、どちらにも言えることですが 本当に大きな地震であったことは確かなことですし、 当時起こっていたすべての地震は、後々に非常に 大きな影響を与えたのは間違いありません。, 今後の地震対策に活かすことのできる部分は生かしていく、 ということもとても大切になるのではないかと思います。 学ぶべき部分は、しっかりと学んでいきましょう!, 長野県北部地震も、非常に大きな地震災害でした。雪崩などを誘発してしまったのは、雪の降りやすい地域ならではの特徴になりますね。 津波にせよ、雪崩にせよ、地域によっては ”地震の揺れ”以外の危険も発生する、ということは 覚えておかなくてはなりませんし、 自分の地域には揺れ以外にどのような危険が 生じる可能性があるのか、ということは 常に意識しておいた方が、良いのではないかと思います。, いざという時に「こんなはずじゃなかった」では遅いですから、しっかりと日頃から対策をしておきましょう!, サイト管理人・自然災害から身を守りたい人 20代個人事業主 執筆関係の仕事をしています。, 地震発生時に、目の前にいる人間や、周囲にいる人間がパニックを起こしてしまった場合は、どのように対策を行えば良いのでしょうか。地震などでパニックを起こしてしまった人を前にした場合の行動と、安全のための対策をそれぞれまとめました!咄嗟の行動が大事です。, 地震災害時に恐ろしいものの一つが「津波」です。場所によっては地震以上の被害をもたらす可能性の高い、非常に危険な存在。この津波に対してどのように行動していけば良いのかをまとめました。いざという時のとっさの行動が大切になります。知識を身に着けておきましょう!, 地震が怖い。これは当たり前のことですし、誰しも少なからずそう思っているでしょう。ただ、あまりにも怖がり過ぎるのも、精神的な負担になってしまいますし、良くないことです。地震の恐怖心に打ち勝つためのポイントを7つご紹介していきますので、参考にどうぞ!, 「緊急警告」「人類滅亡」などの文言が目立つTOCANA(トカナ)。地震予知なども行われています。これは本当に当たるのかどうか、実際に不安を感じてしまう必要はあるのかを案内します!不安を感じている皆様の参考にしてください。どんな趣旨なのかもご紹介します!, 地震に不安を感じて、地震の少ないと言われる地域に引っ越す…。最近は地震が多かったり、前触れではないかと言われる現象があったりして、怖いから急いで引っ越しの準備をする…。こういった”逃げるための引越”には意味がありません。冷静に対応しましょう。, 地震予知の中には有料のものも存在します。そういったものをあくまでも「予想である」ということを理解して利用しているのならともかく、信じ込んで利用してしまうのは注意が必要です。また、身の安全を守る、ということを考えるならばお金を使うべきところは別の部分です.  国宝「松本城」では、天守閣の壁など約10カ所に最大で長さ約1メートル、幅2ミリ程度のひびが入った。松本城管理事務所によると、通常通り一般公開しているという。 【追記2】2011年東日本大震災の前兆の可能性について (アンケート開始前までに集めた情報) 今回の 2011 年 3 月 11 日 14:46 の地震の前兆の可能性がある現象について.  県などによると、松本市では、小学2年の女子児童(7)が登校中に落ちてきたブロック塀に当たり、右足の骨を折るなど計10人が重軽傷。ホテルの客室に宿泊客が一時閉じ込められ、消防に救助された。ブロック塀が崩れたり、屋根瓦が落ちたりする被害が出た。 前震とは、大きな地震に先駆けて起こる小さな地震群を指します。 前震があったとしても、小さい地震はいつもどこかで発生している為に、その地震が本震と関係があるか否かを事前に判定することは困難です。 東日本大震災では、本震の前に比較的多くの地震が発生しました。 前震として規模の大きかったものは、平成23年3月9日11時45分に発生した三陸沖の深さ8kmを震源としたマグニチュード7.3の地震であり、最大震度5弱 … 東日本大震災の報道の記録 ... 3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震には、前兆・前震があった。 ... このアングルからの空撮は震災後にも度々テレビで報道。しかしそこには、このような町並みはもうな … 30日午前8時16分ごろ、長野県を中心に地震があり、同県松本市で震度5強の揺れを観測した。同8時21分ごろにも、同市で震度4を記録した。気象庁によると、震源地はいずれも長野県中部。1回目の地震は、震源の深さが約4キロ、地震の規模(マグニチュード)は5.4と推定される。 【図解・社会】東日本大震災・長野での主な各地の震度(2011年6月30日) 長野で震度5強=前震観測、余震に注意-10人重軽傷、松本城にひびも  震度3=長野県諏訪市、岡谷市、茅野市、塩尻市、安曇野市, ご当地グルメの誘客支援 「おうち外食」需要開拓―ローソン(10/29 00:06), 南海トラフ沿いで30年以内にM8~9級大地震、津波の高さが10メートル以上になる確率, 南海トラフ沿いで30年以内にM8~9級大地震、津波の高さが5メートル以上になる確率, 南海トラフ沿いで30年以内にM8~9級大地震、津波の高さが3メートル以上になる確率. 地震の強さは、先にも書いた通り、 マグニチュード6.7の地震で、最大震度6強を 記録しています。 その他、周辺地域で、震度6弱や5、4など 大きな揺れを観測した地点も多く存在しました。 東日本大震災の翌日ということもあり、 混乱が続く中の地震であったために、 更なる混乱を招くことになりました。  震度5強=長野県松本市  1回目の地震で、主な各地の震度は次の通り。 2011年(平成23年)の長野県北部地震 (ながのけんほくぶじしん)は、同年3月12日3時59分ごろ、長野県北部と新潟県 中越地方に跨る地域、長野県下水内郡 栄村と新潟県中魚沼郡 津南町との県境付近で発生した地震 。 逆断層型の内陸地殻内地震で 、マグニチュード (M) 6.7 (Mw6.4) 、最大震度6強。  震度4=長野県山形村 1.短期的な前震 2 日前の 3 月 9 日 11:45 に宮城県はるか沖で m7.2 の地震があった.  気象庁の永井章地震津波監視課長は記者会見で、29日午後7時から今回の地震までに震度1~3の地震が計8回あり、前震活動と説明。揺れの強かった地域では、土砂災害や家屋倒壊の危険性が高まっている恐れがあり、今後1週間程度は震度5前後の余震に注意するよう呼び掛けた。