大統領の執事の涙大統領の執事の涙 34年間ホワイトハウスで 7人の歴代大統領に仕えた執事ユージン・アレンの生涯を描いたもので、真実に着想した物語。それぞれの大統領の個性も表現されていて面白い。セシル・ゲインズの生まれ1926年、主人公である 映画『大統領の執事の涙』ネタバレあらすじキャスト評価 実話が基の感動名作【概要・キャスト】 映画『大統領の執事の涙』あらすじ・ネタバレ . 映画「大統領の執事の涙」 2013年 アメリカ 132分 <監督>リー・ダニエルズ <キャスト>フォレスト・ウィテカー、オプラ・ウィンフリー、デヴィッ… 大統領の執事の涙の映画レビュー・感想・評価一覧。映画レビュー全99件。評価3.5。みんなの映画を見た感想・評価を投稿。 監督: リー・ダニエルズ: キャスト: フォレスト・ウィテカー オプラ・ウィンフリー. 映画『大統領の執事の涙』感想・評価 映画『大統領の執事の涙』はホワイトハウスのバトラー(執事)に視点から見たアメリカの歴史を描いた映画� 大統領の執事の涙 モデル34年間ホワイトハウスで執事として使えたユージーン・アレン(Eugene Allen)氏をモデルにした、実話を元に執事の目線でアメリカの歴史を省みる映画です。大統領の執事の涙 予告動画 大統領の執事の涙 あらすじ綿花 Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. 大統領の執事の涙 (原題 Lee Daniels’ The Butler) ジャンル: 歴史ドラマ 家族ドラマ. マライア・キャリー(マライアは綿花畑の白人御曹司にレイプされる主人公の母役に挑んだ。まったく気が付きませんでした)、, そのほかフォード大統領、ジミー・カーター大統領、バラク・オバマ大統領、などはアーカイブ映像が使われていました。, 綿花農場で働く奴隷の息子に生まれた黒人、セシル・ゲインズ(フォレスト・ウィテカー)。ホテルのボーイとなって懸命に働き、ホワイトハウスの執事へと抜てきされる。アイゼンハワー、ケネディ、ジョンソン、フォードなど、歴代の大統領に仕えながら、キューバ危機、ケネディ暗殺、ベトナム戦争といったアメリカの国家的大局を目の当たりにしてきたセシル。, その一方で、白人の従者である父親を恥じる長男との衝突をはじめ、彼とその家族もさまざまな荒波にもまれる。(シネマトディ), アンサンブルキャストによるドラマであり、7人の大統領の執事を務めたセシル・ゲインズの半生の物語。, この物語によって、アメリカの黒人差別問題、また公民権運動によってその差別がどのように変貌してきたかの一片がかいまみられる作品でもあります。, アイゼンハワー大統領に初めて使え~ケネディ~ジョンソン~ニクソン~フォード~カーター~レーガンまで使えているのはすごいですね。, 映画を観た限りですが、レーガン大統領夫妻がけっこうフランクだったのにはびっくりでした。, またこの映画を観る事で、アメリカの悪しき歴史である闇の部分を知ることにもなるでしょう。, セシルは、何かを察知して父親に母親を助けるよう懇願するが、やはり父親は何も言えない。, たぶんこのようなことは、当時のアメリカの一部地域では、日常茶飯事だったと思われます。, その後農園を飛びだしたセシルは、腹を空かせてある家に盗みに入るのですが、そこで出会った人が良い人だった。, ただ彼の人生はその後順風満帆かというと、家庭の問題、子供の問題が色々と起こり、波乱万丈に満ちていいきます。, ちょっと気になったのが、、今作品の中でもまた映画「あなたのニグロでない」(後日記事アップ予定)でも出てきたのですが、映画「夜の大走査線」や映画「招かれざる客」の内容やそこで出演していたシドニー・ポワチエのこと。, ポワチエの出演した両作品ともに、白人から見た視点で理想とする従順なる黒人を描いているというような内容が映画の中に出てきます。黒人の中でのシドニー・ポワチエの評価はどうなのでしょうね。, アフリカ系アメリカ人による公民権運動の歴史ということで、この作品でもキング牧師、マルコムX、ブラックパンサー党、他にリトルロック高校事件などキーワードになる公民権運動の出来事が描写されています(実写で出てきます)。, このクッキーを給仕するシーンで、ホワイトハウスに勤め始めたころと晩年のシーンでの何気ない違いを見せてくれています。, 公民権運動の歴史、そこに関わる家族の歴史そして、そのなかでの人生模様を感じることのできる内容でした。, 執事になってからドラスティックなドラマ展開はあまりないですけれど、公民権運動を独自の視点で描いた、心の奥に響く良質の作品だったかと思います!, クッキーを給仕するシーンで、ホワイトハウスに勤め始めたころと晩年のシーンでの何気ない違いを見せてくれています。. 公開年: 2013年(日本では2014年) 備考 >>Wikipedia『大統領の執事の涙』ページ