プロ野球ヘッドコーチ年俸ランキング一覧2020 伊東勤(中日) 8000万 元木大介(巨人) 4000万 高山郁夫(オリ 2020年には巨人の原辰徳監督が通算勝利数で歴代11位、優勝回数も3位タイの9回に手が届きそうですが、選手年俸が5億円を超えるのも珍しくない時代、監督はいくら給料をもらっているのでしょうか?日本プロ野球の監督年俸の歴代ランキングをまとめてみました! プロ野球シーズンが終わり選手たちが続々と契約更新をしている現在。その球団の監督の年俸はいくらなのかを、去年の年俸をもとに調べました。昨年2019年のランキングは?⇒プロ野球監督年俸ランキング2019プロ野球監督年俸ランキング2020プロ野球 2020年における、プロ野球選手の中で年俸が1億円を超えたプレーヤーや、年俸の多い選手をランキング化してご紹介! 詳細はこちら・・・ ドアラの2020年度の契約更改まとめ! プロ野球・年俸ランキング2020【top50】 1位 65000万円 菅野智之(巨人/投手) 2位 57000万円 柳田悠岐(ソフトバンク/外野手) 3位 50000万円 浅村栄斗(楽天/内野手) まず、 プロ野球選手の年俸は冒頭でも述べましたが選手の成績やチームへの貢献度などを、お金を用いて数値化して評価したもの です。 それに対し、監督は主に試合中での采配や最終的なペナントレースの順位などにより年俸が決められていきます。 日本プロ野球球団の支配下登録選手の球団年俸総額と選手年俸上位20人の2020年ランキングです。 12球団総額では401億3210万円。セ・リーグが188億7340万円に対してパ・リーグは212億587