x�b```f``z�������A��b�@�q �a���˲��H�XϾ�Ê#�� コンビニ業界において、店舗数・売上共に第1位のセブンイレブンは、第2位のファミリーマート、第3位のローソンと並び比較研究され、経営者たちに学びの機会を与えてきました。 xref セブンイレブンの差別化戦略とはどのようなものか. 0000002829 00000 n 【新型コロナウイルスと集団心理】~日本のマスク不足とイタリアの感染拡大の事例を考える~, ~#4 netWINに続けるか!? 世界的に有名な経営学の教授ポーター氏は、企業が競争優位を確立する手段として、三つの基本戦略を提唱しました。, コストリーダーシップは有名な経営戦略ですが、すべての企業に適しているとは限らず、リスクを無視して導入すると大きな損失を被る可能性があります。, 今回の記事では、コストリーダーシップ戦略の意味やデメリット(リスク)、導入している企業の例などをわかりやすくお伝えします。, コストリーダーシップ戦略とは、同業他社よりも低コストで製品を生産することで競争優位性を確立する経営戦略であり、ハーバードビジネススクールの教授”マイケル・ポーター”氏が提唱しました。, 低コストで製品を生産するには、大量生産による規模の経済性の実現や経験曲線効果の獲得、革新的な技術・生産プロセスの確立などが求められます。, 規模の経済性は「事業規模や生産量の増加に伴い、製品一個あたりの生産コストが逓減する現象」、経験曲線効果は「製品の累積生産量の増加に伴い、製品一個あたりの生産コストが減る現象」を意味します。, つまりコストリーダーシップ戦略を行うには、基本的に大規模な生産が必要というわけです。, 豊富にある経営資源を存分に用いて、いち早く低コスト生産を始めることで競争優位性を確立するのがコストリーダーシップ戦略の肝となります。, ポーター教授は競争優位性を確立する経営戦略として、コストリーダーシップ戦略を含めた三つの基本戦略を提唱しました。, 特に集中戦略は、大手企業との競争を避けた上で利益の確保を目指す考え方であり、経営資源を多く持たない中小企業に適しています。, あらゆる物事に幅広く手をつけるよりも、何か一つに特化(集中)した方が、大きな結果を得られる可能性が高いです。これはビジネスでも同じことが言えます。幅広いターゲットを対象に商品やサービスを提供するよりも、ごく一部の地域や顧客層に絞って[…], コストリーダーシップ戦略は一見すると優れているように見えますが、実は大きなデメリット(リスク)を持つ経営戦略です。, コストリーダーシップ戦略の導入を検討する際は、下記2つのデメリット(リスク)を踏まえた上で決断しましょう。, 先ほどお伝えした通り、コストリーダーシップ戦略による低コスト生産を行うには、規模の経済性や経験曲線効果を得る必要があります。, 規模の経済性を得るには、大規模な工場や多くの作業員が必要となるため、多大なコストを要します。, 一方で経験曲線効果を得るには、たくさんの製品を生産する必要があり、コストと時間共にかかります。, つまり規模の経済性にしろ経験曲線効果にしろ、十分な効果を得るには多大なコストや経営資源、時間が必要となります。, 必然的に経営資源を持つ大企業の方が有利な経営戦略であり、設立当初のベンチャーや中小企業がコストリーダーシップで大企業に勝つのは極めて難しいでしょう。, コストリーダーシップ戦略を行うと、相場よりも低い価格で販売して他社を打ち負か背ます。, しかし仮に競合他社も低価格で販売し始めた場合、より低い価格で販売しないと競争優位性が失われてしまいます。, そこでさらに価格を下げてしまうと、価格競争が始まってしまい、どれほど商品を販売しても利益を得られなくなるリスクがあります。, コストリーダーシップ戦略を導入すると、価格競争に巻き込まれるリスクが高まるので十分な注意が必要です。, ライバルとなる企業や店舗に勝つために、相手よりも安く商品やサービスを販売しようとする方は非常に多いです。しかし個人的には、最も事業者が行うべきでないマーケティング施策だと考えています。特に立ち上げたばかりのベンチャー企業や経営資源に乏し[…], 大きなデメリット(リスク)を持つコストリーダーシップ戦略ですが、実はメリットもあります。, 上手く活用できれば、コストリーダーシップ戦略は非常にメリットの大きい経営戦略です。, 例えば製造するのに通常100円の費用がかかる商品を、120円で販売しているとしましょう。この場合、20円下げると全く利益を得られなくなります。, しかし大量生産により70円で製造できるようになると、20円下げても30円の利益が残ります。, このように、コストリーダーシップ戦略により低コスト生産を実現すれば、他の企業が手を出せないほどまで価格を下げることができます。, 相場よりも低い価格で販売すれば、その分顧客にとって魅力のある商品となり、それまで以上に購入してもらいやすくなります。, 低コストで生産した商品を、これまでと同じ価格や相場価格で販売し、より大きな利益獲得を目指す戦略もとれます。, 先ほどの例でいうと、価格を下げずにそのまま販売すれば、コストの低減分(30円)だけ利益を多く得られるようになります。, ブランド力のある製品は、価格を下げてしまうと逆にブランド力が低下し、買ってもらえなくなる可能性があります。, そのような商品は、例え低コストで生産できるようになっても、あえて従来通りの価格で販売する方が賢い選択であると言えます。, つまりブランド面での差別化戦略に成功している企業が低コストで製品を生産できるようになれば、さらに多くの利益を得られる可能性があるのです。, 下記の記事で差別化戦略について詳しく説明しているので、もしよければ参考にしてください!, 「ビジネスで成功するには差別化が大事!」こんな感じのフレーズを、経営やマーケティングに携わる方であれば一度は耳にした経験があると思います。考えてみると差別化は大事だなあ・・・と何となくは思うでしょうが、差別化はなぜ大事なのでしょうか?[…], 今回は、「マクドナルド」と「ユニクロ」のコストリーダーシップ戦略の事例を取り上げます。, コストリーダーシップ戦略の代表格として世界的に認知されているのが、大手ハンバーガチェーンのマクドナルドです。, マクドナルドといえば、同業他社(モスバーガーやバーガキングなど)と比べると、圧倒的に安い値段でハンバーガを食べることができます。, 圧倒的な低価格で主に若年層からの人気を集めるマクドナルドですが、実は昔は今以上にコストリーダーシップ戦略を前面に押し出していました。, 大幅な値下げ政策により一時は大きくシェアを伸ばした同社ですが、大規模な価格競争を引き起こし、結果的に過度な低価格戦略は失敗に終わりました。, 現在は低価格を訴求するよりは、製品開発のプロセスを最適化することで低コストを実現したり、製品開発力の強化にも着手しています。, バランスの取れたコストリーダーシップ戦略に舵を切ることで、同社は再びハンバーガー業界で成功を収めるに至っています。, 日本を代表する衣料品ブランドのユニクロも、コストリーダーシップ戦略を実践する企業の一つです。, ユニクロの行うコストリーダーシップの特徴は、SPA(製造小売業)というビジネスモデルを確立している点です。, SPA(製造小売業)とは、商品の企画から製造、販売までを自社で一貫して行うビジネスモデルです。, 中間業者を介さないことで、競合他社と同品質の商品を、圧倒的な低コストで生産・販売するのを可能にしています。, 他社に支払うコストをカットする形で低コスト・高品質を実現している点が、ユニクロの強みであると言えます。, 経営分析、理念、戦略、指標などをまとめたサイトです。会社経営者必須の項目が満載。…, コストリーダーシップ戦略は、価格競争に巻き込まれるリスクがある上に、低コストを実現する上で難易度が高い経営戦略です。, しかし一方で、上手く活用できれば他社を価格面で打ち負かしたり、より多くの利益を得られるようになる可能性もあります。, 運用が難しい経営戦略ですが、低コスト生産を可能にする戦略や技術があるのであれば、チャレンジする価値は十分あるでしょう。, 会社経営を成功させるには、他社との競争に打ち勝ち、より多くの利益を得つづける必要があります。アメリカの有名な経営学者ポーター教授は、他社との競争に打ち勝つための「3つの基本戦略」を提唱しました。今回の記事では、ポーターの3つの基本戦[…], 大学在学中に、経営コンサルタントの国家資格である中小企業診断士の資格を取得。また、在学中に新規事業の立ち上げから売却まで参画し、主にWebマーケティングの分野を担当しました。現在は「BizLabo」の運営をしながら、フリーランスのライターとしてビジネスに関連する幅広い分野の記事を執筆し、クライアント様の新規顧客や案件獲得を支援しています。, ブラストメール(blastmail)とは?料金や評判、メリットを中小企業診断士が分析!. 92 18 コストリーダーシップ戦略とは? コストリーダーシップ戦略とは、 他の会社よりも安く売って儲けようとする戦略 のことです。 消費者は商品を買う時、できるだけ安い物を買おうとします。 だから、他の会社よりも安く売ればたくさん買ってもらえるので儲けられます。 0000001442 00000 n 0000000016 00000 n 0000000656 00000 n 前回の垂直統合戦略に引き続き、事業戦略編の第2弾はコスト・リーダーシップ戦略についてです。, 「コスト・リーダーシップ」と言うと、よくいかに低価格で製品を販売するかという戦略だと思われがちですが、そうではなく同様の製品を他社よりもいかに低コストで生産出来るかがコスト・リーダーシップ戦略の趣旨です。, 価格が一定で、限界まで生産コストの削減に成功すれば、企業の利益は最大化されるためコスト・リーダーシップ戦略は企業にとって極めて重要な戦略だと言えます。, 事業活動のコストを競合他社を下回る水準にまで低下させることで競争優位を獲得する戦略です。, 「規模の経済」は読者の皆さんもおそらく耳にしたことがあるワードであり、企業のコスト優位の要因として最もよく指摘される要素です。, 図のように最適な生産量(X)までは生産量が増えるほど平均コストが低下していきます。, 逆にある一点を超えて生産量を増加させ続けると逆にコストが上昇し、規模の不経済を被ることになります。, 一般的に大規模生産を行う企業は、そうでない小規模生産を行う企業では使いこなせない専用の製造設備を持つことが出来、且つそれをフル活用することが可能になります。, 皆さんもテレビや学校の社会科見学などで工場の大量生産の現場を見たことがあると思います。, 生産規模が大きい場合、製造の自動化によって1製品あたり1円でも、1銭でもコストカット出来れば全体で見た時の影響は非常に大きくなります。, また、大量生産可能な最新鋭の設備を導入し、それを短期間で償却出来ればそれだけでも十分なコスト優位になり得ます。, 大量生産を行う企業の従業員の業務は細かく分業化され、専門性が非常に高くなる傾向にあります。, 例えば自動車工場で、塗装を行う人、シートを取り付ける人、エンジンを取り付ける人…などがいるように特定の業務に特化することで、作業効率が高くなり、延いては企業のコスト低下に繋がります。, 一方で、生産規模が小さいと生産設備と同様に専門性の高い従業員をフル活用することが難しく、往々にして1人の従業員が複数の業務を掛け持つことになります。, 上記の分業化と近い概念になりますが、長年繰り返し同様の事業活動を行うことで、経験やノウハウが蓄積され、徐々に事業のプロセスが改善されることで無駄なコストが削減されていきます。, 当然、徐々に改善の余地が少なくなることから、コストの低下率は鈍化していきますが、規模の経済のようにコストが逆に上昇する局面は存在しません。, もちろん、学習効果によるコストの低下はなにも製造業だけではなくサービス業などあらゆる業界に存在しています。, 学習効果が最も効果を発揮するのは、新興業界における先行者企業においてであると言えます。, 特定の業界にいち早く参入した企業は、図の学習曲線を先行して駆け降りることが可能であり、後発者よりも明らかにコスト優位を確立することが出来ます。, この議論は、以前の5つの競争要因の中の新規参入の脅威や、「見えざる資産」の部分で繰り返し述べてきた内容になります。, つまり、原材料へのアクセス、輸送経路、企業の立地条件、企業文化、経営陣の能力…等々。, 繰り返しになりますが、いかなる戦略も稀少性が低く模倣(直接的or代替的)が容易であれば、企業の持続的競争優位には働きません。, これまで解説してきたコスト優位性の要因と、それらの稀少性や模倣困難性を高める要因をまとめた表になります。, 結論、累積生産量の差が影響する学習効果や、企業の歴史や社会的な複雑性を孕んだ規模に無関係なコスト優位性や、人材や企業文化などの「見えざる資産」は稀少性・模倣困難性共が共に高いと考えられます。, 一方で、コスト・リーダーシップ戦略で最もポピュラーなコスト優位性である規模の経済は比較的模倣されやすい要因なのです。, なぜなら、生産規模の修正は既存の生産ラインの見直しや統合、或いは更なる投資によって比較的容易に達成出来てしまうからです。, 規模の経済が持続的競争優位の要因となりうるのは、自社の特定の製品が業界内で非常に高い割合を占める場合に限られます。, コスト・リーダーシップ戦略はいかに低コストで製品を製造し、利益を最大化するかという点に重きが置かれていますが、企業にとってコスト削減は他にも様々な経済的価値をもたらします。, しかしながら、一方でコスト削減は常にある重要なリスクを伴っていることも忘れてはなりません。, 持続的なコスト優位性を確立することは、以前解説した業界を取り巻く脅威である5つの競争要因の圧力を緩和させることが出来ます。, 業界内の他の競合他社に対して優位に働くことはもちろんのこと、稀少性が高く模倣困難なコスト優位を持っていれば、新規参入者を阻むことも出来ます。, また、コスト上昇要因となる売り手(サプライヤー)の脅威に対しては、高コスト企業と比べて高い取引値段に応じる柔軟性を持つことになりますし、買い手(バイヤー)が利益を押し下げようとしても、コストが低い分ある程度の利益は確保できると考えられます。, 最後に、仮に魅力的な代替品が誕生したとしても、低コスト故に価格面で代替品に対抗することが可能になります。, 以上の様にコスト優位性の確立は業界を脅かすあらゆる脅威に対する対抗策になり得ます。, あらゆる脅威を緩和するコスト・リーダーシップ戦略ですが、同戦略を採用する上で、企業が最も気を付けなければならない点があります。, 当たり前ですが、いくらコストを削減してもそれによって品質やサービスが他社よりも劣ってしまえば、何の競争優位性にもなりません。, トレードオフの関係にあるコスト削減と顧客ニーズとの兼ね合いを解決するのが、ターゲットコスト設計システムです。, この長ったらしい名前の政策は、トヨタやソニーなどあらゆる大手メーカーが採用している政策なのです。, →商品企画の段階で、市場調査を基にしたニーズや競合他社の価格から、まず販売価格を設定する。そこから、目標とする利益を差し引いた価格を原価とすること。, つまり、通常は生産コストに目標利益を上乗せして販売価格を設定しますが、その逆を行っているということです。, この政策によって品質やサービスのレベルを維持しつつコストと利益を調整することが出来ます。, 通常のプロセスと比べれば確かに融通は効きにくくなりますが、そもそも顧客ニーズを満たせない企業は持続的な競争優位など確立できるはずがありません。, 本書では、記事に書ききれなかった多数の事例や、各フレームワークの更なる詳細を読み解くことが出来るため、戦略論に関心がある方は是非とも手に取って頂きたい書籍になっています。, 企業戦略論(中(事業戦略編)) 競争優位の構築と持続 [ ジェイ・B.バーニー ], ・コスト・リーダーシップは低価格での販売ではなく、最大限コストを削減し、いかにコスト優位性を獲得するかという戦略である。, ・コストを最大限削減しつつも、顧客ニーズを満たすことが真の持続的競争優位をもたらす. startxref 0000002078 00000 n コスト・リーダーシップ戦略 コスト・リーダーシップ戦略とは、 業界全体に対して圧倒的な低コストを武器に戦うコスト優位な戦略 のことです。この「低コスト」というのは、 安売りや低価格戦略のことではありません。。「低い費用」「低い原価」という意味です。 0000001085 00000 n 差別化戦略とは、簡単に説明すると 「自社商品(サービス・機能)に関して、ライバル会社と差異を持たせることで有利に商売をすること」 を意味します。 ウィキペディアやコトバンクでも、同じような解釈がされています。↓ 差別� 0000002948 00000 n <<63393c7d71f54c4f94f801a24e06f1f2>]>> 知りたい人は他にいませんか?, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. 0000010789 00000 n など。そしてコンビニの歴史を通し、経営戦略や成長の早さなどを知り、6 章の「コンビニ のこれから」にもつなげていけるような研究をしていきたい。 コンビニは、1960 年代後半に米国を手本にしてス … 今回は、「差別化戦略」について、差別化に成功した3つの企業の成功事例や具体的な活用方法などを詳しく解説していきます。, しかし、「そもそも差別化戦略って本当に効果あるの?」、「具体的なやり方がわからない」といった悩みがあって前に進めずにいるのではないでしょうか?, やるからには失敗したくないですから、成功した企業の事例なども知っておきたいはずです。, この記事では、差別化戦略に成功した事例を元に、あなたのビジネスに活用する具体的な方法をまとめています。, 差別化戦略とは、簡単に説明すると「自社商品(サービス・機能)に関して、ライバル会社と差異を持たせることで有利に商売をすること」を意味します。, 差別化戦略(さべつかせんりゃく)とは、マイケル・ポーターによって提唱された競争戦略のうちの一つで、特定商品(製品やサービスを含む)における市場を同質とみなし、競合他社の商品と比較して機能やサービス面において差異を設けることで、競争上の優位性を得ようとすることである。, 差別化戦略とは、他社より差別化された製品・サービスに基づいて、特定の市場で優位を築きシェアを獲得する戦略の類型をいう。, また、アメリカの経済学者であるマイケルポーターは、差別化戦略の他にも「コスト・リーダーシップ戦略」や「集中戦略」なども提唱しています。↓, これを行う方法としては、大量生産やコストの削減などが考えられる。競合他社と同じ価格で販売しても、製品1個あたりの利益が大きくなっていることからも企業の業績が向上する。, このように、差別化戦略とは、自社商品の「機能」や「サービス」に関してライバル会社と差異を持たせることで優位に商売をする戦略なのです。, というのも、差別化戦略はマーケティングの一部とも考えられ、事業を有利に進めていくためには欠かせない要素だからです。, つまり、事業を行う上で「市場を絞り(S)、ターゲットを把握し(T)、自社に有利な立場(P)に立つ=差別化する」のは常識なのです。, 特に「ブランド化」できれば売上が上がるだけでなく、ファンがついたり口コミが発生したりして長期にわたる集客の自動化も期待できます。, 上記のように、途中から路線変更する形で差別化戦略を導入すると、コストがかかったり、今までの顧客が離れる可能性があります。, また、あなたが差別化戦略に成功すると、それを真似する事業者が現れ、差別化戦略の効力が薄れることもあるでしょう。, とは言え、差別化戦略はマーケティングの基礎ですし、「ブランド化」により業績アップの好循環が生まれるので、取り入れない手はないです。, スターバックスは「商品」と「店内環境」において差別化戦略を行い、「ブランド化」に成功した良い実例です。, 他のコーヒーチェーン(ドトール、エクセルシオール、サンマルクなど)と比較しても、以下の点で明確に差別化されています。, このように、他ではやっていない「コーヒー(商品)の質を高めたこと」や「店内(従業員、内装など)の居心地の良さを追求したこと」により、「高級感がある」「おしゃれ」といったブランド化に成功しました。, ブランド化できたからこそ、コーヒーチェーンの中では一番高単価にも関わらず、人が一番集まり、利益を出し続けられるのです。, スターバックスのように、市場や顧客ニーズを分析し、「自分には何ができるのか?」「何が強みなのか?」を導き出すことができれば、差別化戦略は成功するでしょう。, どのように差別化したかというと、「他社がやらない分野で他社が作れないものを作る」ことを徹底しました。, 実際に、過去に爆発的に流行った「ウォークマン」や「ハンディカム」はソニーから始まっています。, また、近年出てきた「4Kテレビ」でも、ソニーは「画質」を高めることで他社と差別化を図っており、少し高くてもソニーの製品が売れるとう現象が起きています。, このように、「今までにない商品を開発して新しい市場を世に作る」や「他にはできない高い技術力」という差別化戦略で、トップメーカーとして常に君臨し続けているのです。, 創業当時のソニーは、他社メーカーより資金力がなかったそうですが、資金力がない分「技術力」という強みに注目できたことが成功につながりました。, ファミリーマートは「店内環境」において、他社と差別化を図り、業界トップを目指しています。, コンビニと言えば、現状では「セブンイレブン」が業界トップで、年間売上は4.6兆円に及びます。, 種類豊富なお弁当やドリップコーヒーの販売、セブンプレミアムなど、「商品」に関してセブンイレブンに勝てるコンビニはありません。, コンビニの基本的な戦略では、限られた売り場面積の中で効率的に商品を陳列し、販売を促進するのが普通です。, しかし、ファミリーマートは「現場の声(顧客の声)」を吸い上げて、集客を最大化するための店舗づくりを始めています。, 実際に、最近の都内のファミリーマートは「イートインスペース」が設置されている店舗の方が多くなってきています。, このように、ファミリーマートは、「商品」ではセブンには勝てない現状を受け入れ、セブンが力を入れていない「店内環境」の分野で差別化を図っているのです。, 「市場」と「ライバル」を分析し、「顧客の声」をうまく拾った差別化戦略の一つと言えます。, 差別化戦略をあなたのビジネスに取り入れる具体的な方法として、主に以下の3つのマーケティングスキルを紹介します。, 例えば、「ラーメン屋」なら、「みそ、しょうゆ、とんこつのどれを専門にしていくのか?」や「そもそもつけ麺でいくのか?」といった具合に、どのカテゴリーを攻めていくのか決める作業です。, 「何の関係があるの?」と思うかもしれませんが、顧客の日々の暮らし方を考えることは、あなたの商品にたどり着くまでの導線を考える上で役に立ちます。, ポジショニングは、「セグメント」と「ターゲット」が決まった上で、商品やサービスをどのようなスタンスで提供していくのかを決めます。, この後紹介する「3C分析」や「SWOT分析」で洗い出した情報を参考にすれば、自ずと取るべきポジションは見えてくるはずです。, 「市場」と「競合(ライバル)」を調査すれば、自社がどのような立ち位置で商売をしていけば有利になるか、明確にわかるようになります。, 手順としては、「外部分析(機会・脅威)」から「内部分析(強み・弱み)」を調査する流れが理想です。, これから乗り込む「市場」や「競合」、「顧客」の状況を把握してからの方が、自社の「強みや弱み」が明確なりやすいからです。, SWOT分析は3C分析に似ていますが、SWOT分析の方が市場や競合に対する自社の「強み」と「弱み」をより細かく分析していくことができます。, あなたの商品やサービスの売り上げや利益を簡単にアップさせたいと思うなら「差別化戦略」は行うべきです。, 記事中でも解説した通り、差別化戦略はマーケティングの一部として常識なので、逆にやらない方が自殺行為です。, また、競合他社にはない独自の商品(サービス)を提供することで「ブランド化」できるというメリットもあります。, ブランド化できれば、口コミで自動的に集客できますし、単価が高くてもお客さんはあなたの商品を買ってくれ、大きな利益も確保できます。, このように、差別化戦略を行うだけで、市場内で有利に商売を進めることができるのです。, 差別化戦略の具体的な方法については、記事中で詳しく解説していますが、ポイントとなるのは以下の3つのマーケティング手法。, あとは、あなたが実際に差別化戦略を考えて行動案まで導き出さなければ、ここで得た知識は無駄になってしまいます。, もし、差別化戦略を確実に進めたいのであれば、弊社代表北岡のコンサルティングを検討してみてください。, 北岡は今までに1000社以上の中小企業のコンサルをしており、成功率は「93.8%」を誇っています。, その中の成功事例も踏まえて差別化戦略のアドバイスができるので、高い確率で実利につながります。, ですが、新規コンサルはメルマガを通してある程度学習してもらった方しか受け付けていません。, メルマガは「無料」で登録でき、今なら北岡のコンサルで「単価アップ」に成功した3人の経営者のインタビュー動画をお渡ししています。, 北岡のコンサルを検討するいい材料にもなるはずですから、登録だけでもしておいて損はないです。, お客さんからの抵抗なく価格アップに成功した 0000001214 00000 n endstream endobj 93 0 obj<> endobj 95 0 obj<> endobj 96 0 obj<>/ProcSet[/PDF/Text]/ExtGState<>>> endobj 97 0 obj<> endobj 98 0 obj<> endobj 99 0 obj<>stream trailer H��SKk1�ϯ�1-đ,����@�P�o!��y��������쒴��Ek=l�ӷ���}G��k�T��Z�CWסx����\"��@���=�թ}���@�8�p�r� ����[(s޼�����!��Ux����=�q��npx��'d��z�ixZ����6��]��%'W?7�m��l�u�0J �y��EZ�Ո���}����#�΢�J�K 0000001005 00000 n ポーターの3つの基本戦略は、1980年にマイケル・ポーター教授によって発表された戦略のフレームワークです。 「戦略的ターゲット」と「戦略的優位性」の2つの軸から、「コスト・リーダーシップ戦略」「差別化戦略」「コスト集中戦略」「差別化集中戦略」の4つの戦略が導き出されます。 さらに中心には、いずれの戦略も取ることができない「窮地(Stuck in the Middle)」に立たされた企業がいるとされます。 発表当時は「コスト優位」と「差別化」のどちらかという極端な理論でしたが、その後ポ… G�*9N�N{�4�l�F�ǜ��8_q>�|ι�ŕ} セブンイレブンの差別化戦略とはどのようなものか コンビニ業界において、店舗数・売上共に第1位のセブンイレブンは、第2位のファミリーマート、第3位のローソンと並び比較研究され、経営者たちに学びの機会を与えてきました。 94 0 obj<>stream 0000001518 00000 n コストリーダーシップ戦略とは、他社よりも低コストで製品生産を行うことで競争優位性を確立する経営戦略です。この記事では、コストリーダーシップ戦略の持つリスクや具体的にこの戦略を取り入れている企業などをご紹介します。 コストリーダーシップ戦略とは、他社よりも低コストで製品生産を行うことで競争優位性を確立する経営戦略です。この記事では、コストリーダーシップ戦略の持つリスクや具体的にこの戦略を取り入れている企業などをご紹介します。 © Copyright 2020 オクゴエ!"イケてる年商1億円"突破の方程式. コンビニの巨人セブンイレブンの経営戦略を分析していきます。圧倒的シェアと収益を誇るセブンイレブンですが、どのような経営戦略でここまで上り詰めたのかを紐解きます。店舗経営の神髄が垣間見え … 0000003328 00000 n 0000011172 00000 n コスト・リーダーシップの源泉 コスト・リーダーシップ戦略の定義は上記で述べたように、 事業活動のコストを競合他社を下回る水準にまで低下させることで競争優位を獲得する戦略です。 こうした戦略を可能にする要因として以下の3点を挙げることが出来ます。 © 2020 ダイゾーコンサルティング株式会社 All rights reserved. C[ZZZfZ[vڶ��d�)�&+�:\Z,���«��5?���ո�M�m�� %%EOF %PDF-1.4 %���� 0000003057 00000 n ��?��;�{����v/��{x7W�]}�I� {����0����L���G)�c�ʷIç�k� jQ��hQ��%��ⓘM�(�6��`Ldž�S�4�;�� n��m�e��(���#�ؑY�7+a��do^�����[R)�u��˅ ���R����Jں���t�'���G�҉� �����5��6A}�]}�oU���=�1+ݍHI:Z�����[G�bКc���y'>`w�+!�ڗ:�` @� ~