単三(3線式)にするのは、電柱から家庭までの電流を半分にすることができることと、エアコンとかIHクッキングヒーターなどの200V家電機器を使用するときに、簡単な工事で200Vを使用可能とする(2本の電圧線~電圧線間が200V)ためです。 機器-アースー地面-N側という経路に電気が流れてしまいます。 これは漏電になります。 両方接地されていないと、感電防止?にならないのでしょうか?, (1)L側は、100Vの電圧が加わっており、N側は0Vです。もし、N側にヒューズを入れ、このヒューズが切れてしまっても、L側は100Vとつながったままですので、事故が起きているのに危険な状態のままになっています。L側にヒューズを入れておけば、過電流などにより事故が起きてもN側は、0Vなので危険はありません。 コンセントや電灯線につないである2本の線のそれぞれの電流値に差が生じたとき、つまりほんのわずかの漏電があってもこのブレーカーが作動し、主電源を遮断します。 > スノータイヤ新調で、暫く予算オーバーが続きます(してしまいました)。 漏電は、電気を逃がしても解決しません。 結果は、勿論、ご報告したします。, GND、奥が深いですね。 しかし、アースは無関係なのでここでは無視してください。  勉強になります。, 投稿: 赤、白、黒の3線のうち、白を中性線とし、赤と白の2本がコンセントとして アース線は家電製品の表面や筐体などに、 単相は電線が2本で、三相は電線が3本、または4本です。 白はは真ん中と決まっているのでしょうか?, 一般の家庭などに供給されているのは“単相交流”です。 いるとの事ですが、ここで疑問です。 >(エアコン、冷蔵庫、洗濯機等) 機器(負荷)だけが接地され、地面につながっていても、万が一、漏電が起こったときに電流の逃げる道(Nに戻る道)がないため、人体に電気が流れてしまい、危険な状態となってしまいます。普通は、人体より地面のほうが抵抗が小さいので、人間はほとんど感電せずにすみます。, (1)L側は、100Vの電圧が加わっており、N側は0Vです。もし、N側にヒューズを入れ、このヒューズが切れてしまっても、L側は100Vとつながったままですので、事故が起きているのに危険な状態のままになっています。L側にヒューズを入れておけば、過電流などにより事故が起きてもN側は、0Vなので危険はありません。 購読は≪無料≫ですのでお気軽にご登録ください。 漏れてはいけ...続きを読む, 初歩的な質問ですみません これは接地した側がループになっていないからです。接地してない側(線)に触ると、人体から地面を介して接地を通り電源に帰ります。ここで凄く絶縁のいい靴を履いて触った場合は感電しません。(常に電流は電源側に帰ります、大地に行きっぱなしと云うことはありません、流れないようにすれば感電しません)また、接地した側を触っても感電しません。なぜなら電位差がないので。 内部の電源や昇圧された電源から給電されてしまっても、 (3)そもそも、Eが接地されているのに、Nも接地されているのはなぜでしょうか? 普通、何の対策もしなくても人体への危険はありません。 google_ad_client = "ca-pub-6333522625557625";
2012年12月 5日 (水) 16時30分, そうですね。 GNDをシャーシに1点で落とすということだけが重要なように説明されている (2)Nは接地側電線、Eは接地電線で、似てるようで違います。基本的にEは、機器と地面、Nと地面がつながっていますが、電流は流れません。なぜなら、たとえば、機器の筐体(ケース)などにEをつなげます...続きを読む, 廊下の照明が暗いので、一ヶ所追加することにしたのですが、 > 200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V50A(3相)から電源をとると… google_ad_width = 336;
1端子のプローブを使用していることも1つの原因です。, 1端子のプローブは基準電位とプローブが接続されている点との電位差を どちらかと言えば人間から電荷を逃がします。 EARTHという端子をシャーシに落とすだけで済みます。 ヘッドホン端子がシャーシに落ちて ちなみに、地面(アース)と中性線間の電圧は 0V、 アースと電圧線間の電圧は 100Vとなります。 同じ結果を確認することができます。, しかし、1端子のプローブは接続が簡単なので使用する方も多いと思いますし、 出力するプローブなので、基準電位がない回路に使用すると 電流が流れると、電磁波が立つので、 導電性の靴を履き床を導電性にしたりします。 習慣として設置するようにしたほうが良いと思います。, また、グランドがないと回路の解析結果が安定しないこともあります。  鳥が高圧電線に止まっても感電しないのは、回路がループを形成しないからです。(この場合空気が絶縁物になっています) 家電製品などによくアース線というものが付いています。 必ず接地されているそうですね。 どう違うのでしょうか? /* 各記事用横長 */
(なお、既出の一部に明らかな誤解もあるようですが、それを指摘することは、規約違反となり、削除対象とされるので控えます。) 前項の問題がクリヤしたとして、次に、質問者さんの会社が、低圧受電か高圧受電かによって、この答えは変わってきます。 ですから、このままではモーターは回りません。そこで少し右に回るように手を加えてやると、右にどんどん回りだします。 3本の電線なら、その2本を入れ替える事で、“位相差”が逆になります。
法律違反ですからね, 三相電力にはU相V相W相がありますよね?これはR相S相T相とどこが PSIMを使う上で知っていると便利な情報やセミナー情報をお届けします。 >中性線が繋がっているのであれば、万が一漏電した場合や、静電気が 違うのですか? 中性線が繋がっているのであれば、万が一漏電した場合や、静電気が 次は家電製品についているアース線と、電源系統の中性線ですが、 経験的に、単相にしろ三相にしろ、6kVAもの余裕がある電源盤は、比較的少ないように思います。事前に電気工事業者と十分な打ち合わせをされることをお薦めします。, > 電源200V単相と3相の違い… 蓄積した場合でもこの中性線から大地に電気を逃がしてやれるのでは また、各相は発電したときから決まっているのですか? (3)ほぼ、(2)と同じ回答になるかと思います。 https://www.myway.co.jp/inquiry/mail_magazine.html, https://www.myway.co.jp/products/psim/download/promotion.html, https://www.myway.co.jp/inquiry/mail_magazine.html. N側に入れても、電流はLとNに同じだけ流れるので、問題ないと思うのですが。 >1階のダウンライトはWに黒の線、2階が白の線で、混在状態でした… 次のような感じの改造をしたとしても家電製品は普通に使えるのでしょうか? > 白線が絶対安全とは言えない事も理解できました。, ものすごくレベル低い質問ですが、電柱からのアース線にはスゴイ電流がいつも流れているのでしょうか?  XYZ、UVW、RST が利用されるようになったと記憶してます。 故障や不良により、 本来同じ結果になる2つの回路の結果が違って見える場合もあります。, 回路の挙動がどうもおかしい…と思ったときには いまいち良くわからないです。解説おねがいします。, 現在の一般の家庭のほとんどには、単相3線式(単三と呼ばれている)方式で配電されています。 この白端子とトランスの鉄心とが電柱のところでアースされています。 漏電で流れてしまう場合は、電流が微量であったり、漏電遮断器がすぐに作動するするため、危険は回避されます。 >蓄積した場合でもこの中性線から大地に電気を逃がしてやれるのでは (危ないので絶対にしませんが、考え方としてどうか?をお聞きしたいです) ・・・P、Q、(R)、S、T、U、V、W、X、Y、Z 電柱のトランスの2次側(低圧側)には3本の端子があり、赤、白、黒の3色の電線で家庭の配電盤まで配線されています。 素人の考えですが相というのは単に波形の順番に過ぎないと思いますのでどのケーブルが何相であってもかまわないような気がするのですが。 アース線も電源系統の中性線は正しく接続すれば同電位です。 電気のことはぜんぜん分からないので詳しくお願いします。 人間が触れてもアース線と人体とでは、 どこを見ているのかわからない状態になります。, 2端子の電圧プローブを使用すると、接続している2点間の電位差を見ますので 静電気は中性線はおろか電力会社から来ている電源と無関係で、 内部の電源や昇圧された電源から給電されてしまったような場合、 200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V50A(3相)から電源をとるとどうなりますか?, > 電源200V単相と3相の違い… ように接地するものだという事ですが...続きを読む, >家電製品などによくアース線というものが付いています。 交流回路に抵抗がひとつあり、スイッチをいれると+-交互に電流が流れます。しかし片側がアースされていると、交流電源に戻らずアースに電流が逃げてしまうのでは?アースの抵抗が大きくてアース側に電流が流れないのなら感電時人に流れずアースにながれるのはなぜですか。すいません教えてください, 直流で解りやすく説明すると乾電池に抵抗の負荷が繋ないで、電池のいずれか一つの極を接地しても抵抗にしか電流が流れません。ここで電池の±極を交互に反転しても、同じです。即ち、交流でも同じと言うことになります。 単相三線・・AC200V = 赤・黒 AC100V = 黒(三路等では赤も使用)・白(接地側) 防止する為です。 大地には抵抗がありまともに給電できない可能性が高いですね。 このアース線は、製品に静電気が溜まったり、漏電した際に感電しない 例えばコードが損傷したのを知らないで触り感電したなども電気の流れとしては同じです。 google_ad_height = 280;
漏電は、電気を逃がしても解決しません。 漏れてはいけないものです。 火事や感電の原因になりますから。 静電気は中性線はおろか電力会社から来ている電源と無関係で、 普通、何の対策もしなくても人体への危険はありません。 但し機器を壊したり、 一般家庭の電源というのは、交流の単相3線式が多いと思うのですが、 この主な目的は、何らかの理由で高圧側の電圧が低圧側に流れ込もうとした時に、これをアースに落とし地面に逃がすことで、家庭の低圧側を保護するためです。 家電機器内で電圧部が筐体とショートしたとき、筐体がアースされている場合も電気は流れ(漏電)ます。 電圧線とアース間(床とか水道の蛇口とか)に埃とか塵とか金属片とかで電気が流れてもおなじです。 まず色々なところに誤解がありますので1つずつご説明します。 各家庭の配電盤から室内への配線をする時に、全室が100V仕様でしたら、赤~白と黒~白とが約半分ずつになるように各部屋の電灯やコンセントなどを配分して配線します。 たとえば4室ある場合は、2つを赤~白ラインから、残りを黒~白ラインから取るなどします。 各家庭では 「そちら側」 つまり家庭内の中性線にはアースはついておりません。 ただ、白い線(中性線)は電柱のトランスのところでアースされているだけです。