総合 アニメ ゲーム 音楽 スポーツ ドラマ 特撮 エンタメ ラジオ やってみた 詳細検索 メジャーセカンド 神様になった日 魔法科高校の劣等生 呪術廻戦 炎炎ノ消防隊 魔女の旅々 体操ザムライ いわかける ラブライブ 戦翼のシグルドリーヴァ 神達に拾われた男 ラブライブ! 6月4日(木)に前田慶次404回忌供養祭が米沢堂森善光寺にて行われます。 - 君の神話〜アクエリオン第二章 - ヤマイダレdarlin' - 夜明けのロゴス, OVA2巻限定愛蔵版に付属するカラーブックレット20ページによれば監督の河森正治が「TVシリーズのはじめの時点で、第3のエレメントの転生者は「麗花」と決めていたのですが、扱う時間がなかったんです」「全くのパラレルワールドではなく、一万二千年前の出来事は同じ」と述べており、麗花はTV版・OVA版共通してスコルピオスの転生者であるが、TV版ではその設定を直接的に生かすことができなかった。, 第7話「深紅の薔薇の騎士」嫉妬に狂ったシリウスがベクターソルのコクピットに剣を突き立ててアポロを殺害しようとする。, 2009年12月18日 ビクターミュージックアーツNews「創聖のアクエリオン」2009年JASRAC賞「銀賞」を受賞しました」, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=創聖のアクエリオン&oldid=79391186, ベクターマーズ/脚部を主とする移動関係 TV版の時点では不動GENと想像されていたが、OVA版でスコルピオスと判明, 挿入曲には前期オープニングテーマの「創聖のアクエリオン」が、後期オープニングテーマになってからは「Go Tight!」がそれぞれ使われた。また、第1話と第2話はOP無し。最終回(第26話)はテレビ放送版ではOP・ED無し。DVD版では「創聖のアクエリオン」が使用された。, 『劇場版アクエリオン』のTVCMソングとして使用されているオープニングテーマの「創聖のアクエリオン」と「Go Tight!」をアポロ役の寺島拓篤、シルヴィア・ド・アリシア役のかかずゆみ、紅麗花役の小林沙苗3人が歌っているもの、そして第14話に使用されたエンディングテーマ、「荒野のヒース」もリーナ・ルーン役の佐藤ひろ美バージョンとして2007年10月10日から配信限定でリリースされていたが、2007年11月22日発売のOVA2巻限定愛蔵版特典のスペシャルCDに収録された。, 1巻収録は第1話「天翅の記憶」、第2話「求めし者」、第3話「想い彼方へ」、第4話「38万kmの拳」。, 2巻収録は第5話「希望と絶望の匣」、第6話「裸足のせんし(前編)」、第7話「裸足のせんし(後編)」、第8話「サマータイム―少女達の決意―」、第9話「新・琥珀の時<太陽>」。, 3巻収録は第10話「新・琥珀の時<月>」、第11話「魂のコスプレイヤー」、第12話「怒れる音楽翅」、第13話「本当の自分」、第14話「三本の矢」。, 4巻収録は第15話「使者来たる」、第16話「新国連軍と地球再生機構」、第17話「トライアングル・ハート」、第18話「未来を託されし翼」、第19話「未来からのラブレター」、第20話「崩壊の境界」。, 5巻収録は第21話「来襲、黒衣の軍団」、第22話「プライド」、第23話「赤と灰色」、第24話「星の拳」。, 6巻収録は第25話「予兆」、第26話「決戦、アトランディア」、第27話「クロスファイア」、第28話「異世界からの使者」、最終話(第29話)「虚空の天翅」。, 東京国際映画祭2008プログラム「ビジョンクリエーター河森正治の世界」(2008年, GENESIS OF AQUARION Original Sound Track 2(2005年, SANKYO「フィーバー創聖のアクエリオン」CMソング 創聖のアクエリオン(2007年, AQUARION ILLUSTRATIONS -金田榮路 ART WORKS-(2005年, 企画・制作 - サテライト、エイベックス・ライヴ・クリエイティヴ、ギャラクシープロデュース、Office ENDLESS. 2015.05.28. 『創聖のアクエリオン』(そうせいのアクエリオン、Genesis of Aquarion)は、日本のSF ロボットアニメ。テレビ東京ほかの深夜枠にて2005年4月から9月まで全26話が放送された。 キャッチコピーは「あな … アニメ第1話~25話を無料配信!! 近年は、タイアップしたアニメやドラマで新作が製作された場合は、パチンコ機メーカーが番組スポンサーに就くケースも多く見られるようになっている(「『牙狼〈garo〉』シリーズ(途中より)」、「おそ松さん」、「ルパン三世(tv第4シリーズ)」、「地獄少女 宵伽」などが例)。 このページでは、パチンコ・パチスロとタイアップを行い開発・発売されたものについて、特に著名なものを列挙して紹介する。特記無き場合は日本のものについて言及している。 怪盗 アルセーヌ・ルパン (ルパン一世)の孫、 ルパン三世 を主人公に置いた ナンセンス 、 コメディー 、 スラップスティック の要素を多分に含んだ アクション 作品である。 全国約9000店舗のパチンコ店情報と、9000機種以上のパチンコ・パチスロ台情報。全パチンコ・パチスロサイトをカテゴリ別検索可能。国内最大のパチンコ情報サイト 2015年「義風堂々!!」公式応援ソング決定!! 2015.06.01. 『創聖のアクエリオン』(そうせいのアクエリオン、Genesis of Aquarion)は、日本のSFロボットアニメ。テレビ東京ほかの深夜枠にて2005年4月から9月まで全26話が放送された。キャッチコピーは「あなたと合体したい」。, あらゆる感情をエネルギーに変換して発する数々の必殺技と、司令官・不動GENの発言の数々や印象的な主題歌を残した作品である。原作無しの深夜アニメとしては異例の、2万円以上の値段設定となる超合金が放送中に発売された(後述のパチンコ版リリース後、パッケージをリニューアルして再発売された)。, 凝った変形合体メカや臨場感溢れる戦闘演出など、『マクロスシリーズ』で知られる河森正治の作風を随所に感じさせる作品。生まれや立場の異なる者達が理解し合い、心を通わせることを主題としたストーリーも河森ならではであり、「合体」という言葉に本作品のテーマとも言える意味を付加している。毎回、作中での「創聖合体」場面にて、性行為におけるオーガズム描写を想起させる演出を意図的・効果的に盛り込み、話題を呼んだ[要出典]。, 2007年より本作の世界観を用いた完全新作OVA作品『創星のアクエリオン』が全2巻で発売中。また、同年9月22日には本作を基に内容を再構築した完全新作劇場用短編映画『劇場版アクエリオン ─壱発逆転篇─』が全国各地で順次ロードショーされた(OVA版を基に内容を再構築した劇場用映画『劇場版アクエリオン ─創星神話篇─』と併映)。, さらに2007年11月には、オリジナル新作深夜アニメとしては異例のパチンコ台『CRフィーバー創聖のアクエリオン』がリリースされた。この台のTVCMの影響力は大きく、テーマソングである「創聖のアクエリオン」は作品本編の放映終了後でありながらオリコンにもチャートインした。また、パチンコ台のホールでの人気は非常に高く、合体演出時にギミックが動くという凝った仕掛けや多彩な演出による娯楽性もあって人気を博し、結果的にそれまで興味のなかった世代も作品に注目して新たなファンを獲得するという逆転現象も起きている。, 2011年2月26日には新シリーズ『アクエリオンEVOL』の制作が発表され[1]、2012年1月から同年6月までテレビ放送された。, 2015年3月21日には新シリーズ『アクエリオンロゴス』やOVA『創勢のアクエリオンEVOL』などの制作が発表された。発表以降の詳細は各記事を参照。, 堕天翅族というのはあくまで人類側からの呼称であり自称は「天翅」。身体に翅を持つこと、口を全く動かさずに会話すること、重力に縛られず逆さまの状態でも居られることなどが主な特徴でプラーナを吸収して活動する。人類を「翅無し」と見下している。これに対し人類側も「翅有り」と蔑称している。, 「アクエリオン」は本作に登場する巨大人型ロボットで「機械天翅」と呼称される。「ベクターマシン」と呼ばれる3機の異なる形状の戦闘機が「合体」することにより3種の形態を取ることができる。また、量産タイプの「強攻型」も存在する。対して、アポロたちの乗るアクエリオンは「オリジナル」、「神話型アクエリオン」と呼称される。かつてアポロニアス、セリアン、スコルピオスが1万2000年前の大戦に用いていた機体そのものであり、ベクターソルにはアポロニアスの残留思念が残っている。物語の序盤でアポロはアポロニアスに人格憑依されたことで封印されていた「創聖合体」の単語を知り、アクエリオンの持つ強さの片鱗を見せたが、人格憑依がなくなったことで「立ち上がる」ことからのやり直しになった。「人の思いを具現化する」という機体特性は「無限拳」などの超常技を獲得させていく。質量保存の法則など物理法則を完全に無視しており、「位相空間内での戦闘」や「巨大化」、「食物連鎖による修復・復活」など人智を超えた能力を発揮する。, デザインした河森正治自身が公言しているように、上記のコンセプト自体はゲッターロボのオマージュだが、本家が成し得なかった構造的に無理のない「完全変形・完全合体」を実現している。河森が以前ゲッターロボを紙で自作した際、変形・合体がうまく再現できず、「いつか自分で作ってやろう」と思ったことが本作の原点となった。, このような成り立ちのため、河森は当初から劇中そのままの機構での玩具化を熱望し、レゴブロックを用いた試作品を本作のスポンサーの内のひとつであるバンダイに持ち込む。その完成度の高さに感心したバンダイ関係者は彼の協力の下、アニメ製作と並行して超合金を制作、ほぼイメージ通りのアクエリオンを完成させた。アクエリオンはその可動部の多さから想定していない変形の自由度が非常に高く、超合金の試作品をいじって遊んでいた河森が逆にそこから新しい形態を発見し、アニメに登場させるということもあったようで、「強攻型アクエリオン」のアーマゲドン・アサルトウォーカーの2形態はそうした経緯でアニメ本編に登場している。後に「強攻型アクエリオン」もDX超合金で商品化され、こちらには無限拳用のアタッチメントパーツが付属している。, 搭乗者以外のエレメントは司令所でオペレーターの任務を務めながら待機し、パイロットが不調になった場合に不動の指示で転送し交代する。この際は全裸で司令所に戻される。なお、エレメントスーツを着用しない者(主にアポロ)を強制的に呼び戻すことはできない(逆に送り込むことは可能)。, ベクターマシン各機には特定のパイロットが定められておらず、状況に応じてエレメント達の中から搭乗者を選出する。, テーマソングの中でも前期オープニングテーマ「創聖のアクエリオン」は、パチンコのCMに起用されたこともあり、そのインパクトのある歌詞がインターネット上の掲示板やコミュニティで大きな話題となった[9]。, 2007年になってからは約2年ぶりにオリコンなどのランキング上位に復活するという現象が起こったが、各メディアによると本作のパチンコCMに起用され、全国的にオンエアされたことがそのきっかけとなったという。その人気は、2009年にJASRAC賞で銀賞を獲得[10]するに至ったほどである。, 上記のほか、2008年にはBS11、2009年にはAT-X、2011年にはTOKYO MXやテレビ愛媛でも放送されたが、TOKYO MXでは第11話が諸事情から未放送となった。, 「月刊ドラゴンエイジ」(富士見書房)で2005年5月号から9月まで連載された。2005年10月1日初版発行。原案:河森正治・サテライト、作画:高嘴政宗。, 基本設定などはアニメ版に準じるが、ストーリーはオリジナルのものとなっている。アポロやシリウスといったエレメントスクールの一軍メンバーの出番は少なく二軍メンバーにスポットを当てている。なお、漫画版オリジナルの必殺技として「アクエリオンソード」が登場する。, ウェブコミック誌「FlexComixネクスト」(フレックスコミックス)で2009年1月6日更新分から2011年12月6日更新分まで29回に渡って連載された。ラフなどの作業自体は2008年4月頃から開始している。TV版とはいくつかの設定・展開が異なる、並行世界的なストーリーである。原作:河森正治・サテライト、作画:浅川圭司。, このほか、バンダイナムコエンターテインメントのロボットクロスオーバー作品に登場。本作のキャラクター、ロボットが複数登場(参戦)し、いくつかのストーリーエッセンスもゲームシナリオに組み込まれている。, 本作のアニメ制作会社であるサテライトは、2006年からSANKYOと資本提携して系列下に入っている。SANKYOよりパチンコとパチスロの台がリリースされている。, 『ひと夏のアクエリオン 一万年と二千年前から愛してる』は、2015年7月24日より公演の『ノブナガ・ザ・フール』に続く、多次元プロジェクト"The Fool"による第2回舞台作品。10周年記念として演劇部をメインとしたロボットが登場しない作品として舞台化。, 創聖のアクエリオン - 創聖のアクエリオン Original Sound Track - Go Tight!