無印のベッドフレームはなぜ評判が高いのか? すのこベッドのデメリット. 通気性が良く、湿気を良く逃がす構造になっているすのこベッドは、夏の蒸し暑い時期に心地よいという特徴があります。普通のベッドの構造だと、湿気がこもりやすく、暑くて眠れないなど、不快感を覚える人が多くなります。通気性の良いすのこベッドなら、湿気が抜けやすいので、気持ちよく眠りにつくことができます。, ・冬は若干寒い 通気性が良く、湿気を逃がしやすい構造になっているすのこベッド。このような構造であるため、すのこベッドはカビに強いと言えます。よく言われることですが、人間は寝ている間に多量の汗をかきます。その量はコップにして約1杯。この汗はマットレスや布団を通過し、ベッドの下部に達しますが、すのこベッドは、この部分の風通しが良くできているのでカビが発生しにくいのです。, ・夏、心地よい 1.2.1 すのこベッドに布団を敷いて寝ている場合; 1.2.2 すのこベッドにマットレスで寝ている場合 すのこベッドを初めて使用すると、そのきしみ音を耳障りに感じる方が多いようです。このきしみ音は、やはり木材を利用していることと、その形状によるところが大きいと考えられます。きしみ音を少なくしたい場合は、クッション性能の高いマットレスを使用するといいでしょう。布団はあまり弾力性がないので、体重が直接、ベッドの構造に伝わってしまい、音が出やすくなってしまいます。, ▽すのこベッドでもカビは生える 人気のおしゃれなローテーブル、おすすめ22選! すのこベッドは、湿気の多い日本の気候にあった「ベッド」です。最近は通販でもリーズナブルな価格の良品をかんたんに手に入れることができます。デザイン性に優れたすのこベッドが販売されていますので、今のベッドの寝心地に不満のある方は、ぜひすのこベッドの導入をお考えください。, すのこベッドは、「すのこ」と同じ構造を取り入れたベッドです。折りたたみ式から従来のベッド同様のタイプまで、形状はさまざまですが、すべてのタイプに共通するメリットとして、湿気に強く、カビが生えにくいことが挙げられます。, 湿気の多い日本の気候が生み出したとも言えるすのこベッドは、「すのこ」と同じ構造を取り入れているため、風通しが良いことが特徴です。そのため、この特徴をよく理解することで、年間を通して快適にすのこベッドを使えるようになります。, ・湿気に強く、カビの発生をブロック すのこベッドにはカビを防止したり、布団を使えるメリットがあります。頑丈すのこベッドは耐久性がありきしみ音も少ないですが、ベッド自体が重いと言うデメリットがあります。すのこベッドに使用されている素材によっても特徴が違い、軽量タイプなら桐が、リラックス効果を得たいな … 「walto(ウォルト)というベッドフレームが、よくできてるなぁーと思う10個の理由!」, 詳しい説明は 「マットレスベッドClerusのよくできてるなぁ~と思う、10個の理由!」, 詳しい説明は 「人気の家具の記事 まとめ」, 通販で通販で家具を探すのにおすすめの人気ショップ10選!おしゃれで人気のテレビ台!おすすめ17選 1 すのこベッドのデメリット【すのこベッド全般】. 「床板がすのこのベッドってどう?」「すのこベッドのメリット、デメリットが知りたい!」最近のベッドではすっかり定番となった、床板がすのこのタイプ。すのこベッドと呼ばれ直接布団を敷いて寝るモノもありますが、使い勝手とか気になりませんか? すのこベッドは、夏は空気の通りが良くなるため快適になりますが、反対に冬は、部屋の状況によっては寒く感じるかもしれません。床からの冷気が通りやすくなることが、その大きな原因ですが、現在は床暖房やホットカーペットなどをお使いの方も多いと思います。また、ラグマットなどを床に敷くことで、冷たい空気をシャットアウトすることも可能です。, ▽寝心地が固い 湿気の多い日本ではカビ対策として『すのこベッド』が人気です。でも買う前に選び方で失敗しないためにも、すのこベッドの特徴やデメリット&メリットを知っておく必要がありますよね。自分に合う上手なインテリア選び、すのこベッドのメリットもデメリットを 「おしゃれな家具が見つからない!」 「家具の通販サイトってどこがいいんだろう?」 そんな人にぜひ見て欲しいのが、 エア・リゾーム インテリア LOWYA(ロウヤ) とにかく家具を探してるなら一度見てください。 ... 「ベッドフレームでおすすめはどんなの?」 「人気のタイプはどれ?」 ベッドのフレーム(台)を選んでいて、サイズや材質、機能でどれを選べばいいか困ってませんか? いろんな種類があるのに違いが分かりにくいモノも。 ここでは人... ネルコ(neruco)がよくできてるなぁと思う10個の理由と、評判や口コミまとめ。. メリットだらけのすのこベッドですが、少なからずデメリットもあるので確認しておきましょう。 ①冬は寒さを感じやすい. すのこベッドは、海に囲まれ、湿気の多い日本だからこそ生まれた寝具です。通気性に優れ、日本では通販サイトや量販店でも安く販売されているすのこベッドですが、世界的に見ても、これは日本だけの現象です。蒸し暑い日本の風土から生まれたすのこベッドは、布団を敷いても、マットレスを置いても使える、という柔軟性を持った商品が多くあります。ただ、布団を敷く場合に注意したいのはその厚さ。布団はなるべく分厚いものを敷いた方が、板の堅さを感じにくいのでおすすめです。マットレスを敷く場合は、特に厚みを気にする必要はないので好みやベッドの高さに合わせてお選びください。心地よい眠りを得るための参考にしてください。, ・すのこベッドで湿気を回避 すのこベッドは、読んで字の如く、枠組みが「すのこ」のような形状をした「ベッド」です。普通のベッドとは違い通気性が良い作りになっているので、湿気がこもらず、カビが発生しにくいという特徴があります。また、折りたたみ式やロールタイプなど形もさまざまです。, すのこベッドは、「すのこ」のような形状をした、通気性に優れた「ベッド」です。海に囲まれて湿気の多い、日本の気候に適した構造であることは言うまでもないでしょう。日本は「湿気」とは、地理的に無縁でいられないのです。, 日本の夏は熱さと湿気との戦いです。2020年夏の東京オリンピックに向け、政府も暑さ対策に本腰を入れています。しかし、真夏の東京。うだるような暑さには、世界のアスリートたちも、緊張や心の高揚とは別に、寝付けない夜を送るのではないでしょうか。, 湿気がこもるのは夏だけではありません。日本の冬は地域によってかなり気候が違いますが、どの地域にも湿気はついて回ります。太平洋側は乾燥した晴天が続き、日本海側は湿った曇天になり、積雪も多くなります。太平洋側は乾燥しているものの、室内と屋外の温度差が大きく、また、加湿器などを利用することから、部屋によっては窓が結露するほどの湿度になることがあります。日本海側は言わずもがなです。, すのこベッドは、そんな日本の救世主的な存在です。湿気とは切っても切れない縁の日本列島。そんな環境から生まれたのが、すのこベッドなのです。すのこベッドは「すのこ」なので、基本的に木材で作られています。通気性に優れているため、マットレスや布団が吸収した湿気を排出しやすい構造になっています。, 基本的なすのこ形状は、どのベッドも変わりはありません。しかし、脚が短く大きなすのこのようなすのこベッドから、普通のベッドのようなフレーム状のもの、また、収納に便利なロール式や折りたたみ式のすのこベッドも市販されています。特に通販ではさまざまなタイプのすのこベッドが販売されていて、安いものから高価な物まで、価格帯も幅が広くなっています。, 湿気対策は私たち日本人にとって永遠のテーマです。日本という環境で生まれたすのこベッド。どのような特徴があるのでしょうか?, ・カビ対策になる 折りたたみタイプやロールタイプの「すのこベッド」の場合は、使わないときはしまっておくことができます。そのため、部屋のスペースを有効に活用することができます。また、折りたたみタイプの「すのこベッド」の中には、布団を干しやすいように設計されているものもあり、人気を集めています。, ▽収納スペースとしては使用しにくい 「ベッドフレームのNORL(ノール)がよくできてる、10個の理由!」, 詳しい説明は すのこベッドおすすめ20選!すのこベッドの中でも桐や檜と言った素材は調湿性に優れているので、カビに非常に強くなっています。但し①冬は寒い②きしみ音がしやすい③布団は寝心地が硬いと言ったデメリットがあるので腰痛や年配の方は注意しましょう。 折りたたみ式から従来のベッド同様のタイプまで、形状はさまざまですが、すべてのタイプに共通するメリットとして、湿気に強く、カビが生えにくいことが挙げられます。 床板をすのこ状にする事で、マットレスの上からだけでなく、下からも空気が入り込むために、寝具の余分な湿気を追い出す効果があります。, 日本には四季があり、特に梅雨から台風の季節にかけては、湿度が高くジメジメした気候が続くため、すのこベッドは特に人気が高いベッドとなっています。, 板と板の間に隙間があるため通気性に優れていて、湿気やカビ予防に効果があるので、湿気がちな日本の風土には最適なベッドです。, 元々欧米から入ってきたベッド文化ですが、欧米諸国では比較的乾燥した気候になっています。, しかし、湿度が高い日本では、マットレスなどの寝具が湿気やすく、放置しているとすぐにカビが生えてしまいます。, ウッドスプリングとは、すのこ状の木の板にクッション性を持たせたマットレスの土台のことを言います。, ウッドスプリング自体は、マットレスの耐圧分散性を向上させる働きがありますが、それを日本の風土に合わせて開発したものが、すのこベッドになります。, 人は寝ている間にコップ一杯分の汗をかきますが、汗や湿気はマットレスを通り越してマットレスの底面に溜まります。, 普通のベッドでは、マットレスの底面が板で覆われているために空気に触れず、寝汗が少しずつ蓄積されてしまいます。, そのため、カビやダニ、害虫と言った生物が繁殖して、健康被害を引き起こす原因になります。, またカビが生えると、根が繊維や木材に侵食してベッドの寿命を縮める要因にもなるので、ベッドを長く使いたい方は、是非すのこベッドを選ぶようにしてください。, 据え置き型や折りたたみ式、頑丈タイプなど、様々な種類があるので、それぞれのメリット・デメリット知らないと、後悔する事になりかねません。, 床板に隙間があるので、マットレスの底面が空気に触れて乾燥しやすく、ベッドの下からも空気が入り込む事で、ベッド全体の通気性アップに繋がります。, そのためフロアタイプのように、フレーム枠で囲まれているすのこベッドよりも、脚が付いているすのこベッドの方がカビに強くなります。, 同様に、収納すのこベッドよりも、ベッド下に空間が広がっているすのこベッドの方が、マットレスの下からも空気が入り込むので、よりカビに強くなっています。, 新鮮な空気がマットレスの下から入り込む事で、寝具はいつでもサラサラとした心地よい肌触りになっています。, マットレスであれば部分的に大きな荷重が加わっても、その荷重を分散してくれるので、床板にひび割れを起こすような心配はありません。, しかし布団はマットレスのような耐圧分散が出来ないので、荷重が一か所に集中してしまい、床板の破損に繋がります。, そのため、頑丈な床板を採用しているすのこベッドなら、マットレスだけでなく布団で寝る事が出来ます。, 関節や筋肉が柔らかい若い年代であれば、布団でも快適に睡眠を取れますが、年配の方や腰痛持ちの方は、マットレスの方がおすすめです。, ワンルームマンションなど狭い間取りでも、日中は折りたたんで部屋の隅に片づけられるので、利便性が高くなっています。, 特に「く」の字や「M」字型に折りたためるすのこベッドは、布団を部屋干しする事も出来るので、一人暮らしの方におすすめとなっています。, また樹脂や桐で作られた折りたたみすのこベッドは軽量なので、引っ越しや部屋の模様替えをするのも便利です。, 通常のベッドを業者に搬送してもらうと、輸送費が発生しますが、折りたたみすのこベッドならそんな心配もありません。, ベッド下にスペースがあるので、掃除機やクイックルワイパーだけでなく、お掃除ロボット「ルンバ」を使用する事も出来ます。, 喘息などのアレルギーがある方の場合、ほこりやダニ対策が必須となりますが、すのこベッドなら衛生的な環境を整えやすくなっています。, ベッド下からの隙間風が寒いようでしたら、マットレスの下に「アルミシート」を敷くのがおすすめです。, 但し、アルミシートは空気を全く通さないので、冬が終わったら取り除くのを忘れないで下さい。, 耐荷重が500㎏や600㎏と言ったすのこベッドでは、太い木材を使用していますし、多くの梁や桟で補強されているため、重量があり値段も高くなっています。, きしみ音がしにくく、長持ちするメリットはありますが、不必要に頑丈なすのこベッドを選ぶよりは、最低限の強度に抑えた方が、移動もしやすく経済的にもメリットが高いと言えます。, 板と板の間に隙間がある分、強度が低いタイプも多く、ギシギシとうるさく感じる事があります。, また既にすのこベッドを購入していて、きしみ音に悩まされている方は、すのこの裏面とフレームとの間にフェルトを貼り付ける事で、きしみ音を防止する事が出来ます。, すのこベッドは破損しやすいと言う人もいますが、実際にはそんな簡単に壊れる事はありません。, メーカーが耐久試験を行っているため、通常使用の範囲内であれば、ひび割れや破損が起こる事は極めて稀です。, ベッドには一年間のメーカー保証が付いているので、万が一破損した場合には、メーカーに取り換えてもらいましょう。, 但し、ベッドの上で飛び跳ねるなどすると、瞬間的に大きな荷重が加わるので注意しましょう。, 寝具に溜まった余分な湿気を吸い取るのに優れていますし、引っ越しやお部屋の模様替えをする時も、楽に運べるので便利です。, ひのきすのこベッドを開梱すると部屋中に良い香りが漂い、気持ちを落ち着かせるとともに、カビやダニの繁殖を抑制してくれます。, ひのきと同様、香り豊かな木材として知られていて、強度も兼ね備えてあるので、すのこ部分に使用される事があります。, 色味が白っぽいものから、黄色がかったものまであり、色合いによって「ホワイトパイン」や「イエローパイン」として、親しまれています。, 北欧ベッドやカントリーベッドなどで好まれている素材で、優しい木目の風合いと、滑らかな肌触りが心地よくなっています。, すのこベッドにはカビを防止したり、布団を使う事が出来ると言ったメリットがあります。, 一方、頑丈すのこベッドは耐久性がありきしみ音も少ないですが、ベッド自体が重いと言うデメリットがあります。, すのこベッドに使用されている素材によっても特徴が違い、軽量タイプなら桐が、リラックス効果を得たいなら檜がおすすめです。, 睡眠・寝具インストラクターの有資格者 質の高い睡眠と、インテリア性を兼ね備えたベッドの情報を発信中。 5年前に自身も頸椎を痛めてから、本気で寝心地の良い枕やマットレス選びを考える。 兵庫県生まれ、大阪育ちの根っからの関西人。 >>だんなのプロフィールはこちら!. すのこベッドと呼ばれ直接布団を敷いて寝るモノもありますが、使い勝手とか気になりませんか?, 「折りたたみベッドの、使ってみないと分からない寝心地やメリット・デメリットについて!」, に、折りたたみベッドならではの特徴やメリット・デメリットをまとめてるので、よければそちらもどうぞ。, あと、なかにはベッドというよりも「すのこだけ」みたいなのもあります。楽天とかで探したらいくらでも出てきます。, が、下に書いてる内容はそのあたりのタイプには当てはまらないトコもあり、あくまで上の画像のようなすのこベッドについてまとめてみました。, 寝てる間というのは、約200ml(コップ1杯分)の汗をかくといわれています。つまりそのうちの一部は、布団やマットレスに吸収されているわけです。, そしてココで気になるのが、湿気によるカビの発生やダニなどの繁殖。水分が溜まりやすい場所だからこそ、空気の流れを良くして通気性を保たないといけません。, その点で、すのこの場合には板を直角に交差させた形状で、すき間があるので普通の板の床板よりも通気性が良くなります。, すのこの床板というのは、数㎝から広くても幅が十数㎝の板を組み合わせたものなので、強度の面でちょっと心配になりませんか?, ただ、商品によってなんですが、使われてる板の厚みが2㎝位(分厚い)の材料を使ったようなすのこもあって、そんなのだとかなり丈夫になります。, すのこではない普通の板になった床板も、枠を組んでベニヤ板を貼り合わせただけの、中身が空洞になってるものも多いので、そんなのよりは、よっぽどしっかりした作りとなってます。, 部屋の風通しの問題のような気もしますが、ベタッと床に寝るよりは涼しいといえるかもしれません。, 特に厚みの薄い床板の場合なんですが、板が擦れてきしむような音がする場合があります。, 床板の材料は当然木なんですが、木というのは反ったりねじれたりするものです。特に薄い木だと余計に反りやすくなります。, もちろん作るときには、その辺りも気をつけているんですが、製品となってから反ってくることも十分あり得ます。, そうすると、すのこと土台がピタッとくっつかず、浮いてしまう部分ができたりして、寝転んだり寝返りをうった時なんかに、木が擦れてきしむ音がします。, 土台と床板の間にフェルトを貼るといった対策もありますが、擦れるような音がする可能性がある事を知っておきましょう。, また汗による湿気が溜まるので、枠で囲まれた引き出しならいいんですが、上の写真みたいなベッドの下にふたも無しでモノを置いていると、収納している物にカビが生えたりという可能性はあります。, 「夏は涼しい」といった意見が結構あるんですが、そうすると当然「冬は寒い」といった意見も見られます。, たしかに布団で寝る場合は感じるかもしれませんが、マットレスを使っていればそこまで気になるのかなぁという気も。, 床板がすのこになったベッドの場合、直接布団を敷いて寝ようと考えている人もいると思います。, すのこの場合には、間を開けて板を貼り付けているので、板と板の間にはすき間があります。, マットレスを使って寝る場合には全く問題がないんですが、特に薄い敷き布団だけの場合、すのこのすき間が大きいと気になってしまったり、場合によっては痛く感じる事も。, また布団で寝るなら、上に書いたような「ちょっと痛いことがあるかも」っていう以外にも気を付けたい点があります。, これも上の方に「分厚いものなら丈夫です」と書きましたが、じゃあそうでないものはどうなのか、という事です。, それでもマットレスを乗せていれば、それほど問題はありません。もし立ち上がっても、マットレスがあることで、重みを分散してくれるので。, ただ布団だけだと、足が接している板の部分に体重の全てがかかってくる事になるので、板の厚みは確認しましょう。, これもモノによるんですが、スノコベッドのスノコは木そのままの物が多く、特に最初は木の香りが結構する場合があります。, 木の香りが苦手という人は少ないかもしれませんが、匂いに敏感な人だと気になるかも。 「ネルコっていうベッド専門の通販サイトってどう?」 「ネルコのメリットやデメリットが知りたい!」 「口コミや評判はどうなの?」 ネットでベッドを探していると、「ネルコ(neruco)」というサイトを見かけたことがある人もいるんじゃ... 「ベッドってどこで買ったらいいんだろう?」世の中にはいろんな家具屋さんがあって、(また通販などもあり)どこが違うのか分からなかったりするもの。そんなベッドを売ってるお店について書いた記事をまとめてみました。また通販でベッドを買うことの注意点についても。特に通販での購入を検討してるなら、ぜひ一度読んでみてください。, 「脚付きマットレスベッドってどうなの?」「メリットやデメリットは?」ベッドには脚付きマットレスと呼ばれる、マットレスに専用の脚を取り付けただけのものがあります。価格も安いモノが多くコンパクトなので人気ですが、使い心地や耐久性など気になりませんか?この脚付きマットレスのメリットやデメリットとおすすめをまとめてみました。, もともと家具屋で働いてた事もあって色んな家具をみてるんですが、walto(ウォルト)というベッドフレーム、これがなかなかよくできてます。このベッドのよくできてるなぁーと感じる点をあげてみました。, 「いい感じのベッドフレームが欲しい!」「おすすめはどんなタイプ?」ベッドを探す場合には、サイズはもちろん収納や機能など考えるべきポイントがいくつかあります。ですがココでは、とにかく個人的に「よくできてるなぁ」と思うベッドフレームについて書いた記事を集めてみました。ベッド探しの参考にどうぞ。, 「和室にベッドを置くときの注意点は?」「ベッドを置いた時の畳のへこみはどうしたらいい?」畳の部屋にベッドを置きたいけど畳のへこみなど、いろいろ気になってる人はけっこう多いんじゃないでしょうか。畳のへこみ問題や、その他の注意点、そして対策とおすすめのタイプについてまとめてみました。, 「ポケットコイルって実際のところどうなんだろう?」「メリットやデメリットはどこ?」ベッドのマットレスの種類の1つに、ポケットコイルというタイプがあります。名前くらいは聞いたことがあるかもしれませんが、実際のところ、どうなのか気になりませんか?ポケットコイルがどんなものか、メリットやデメリットなどについて考えてみました。, 【ベッドのスプリング3タイプ】後悔しないために知っておきたいマットレスの違いまとめ, 【正方形のローテーブルってどう?】デメリットや、役立つ使い方について考えてみました。, 「walto(ウォルト)というベッドフレームが、よくできてるなぁーと思う10個の理由!」. すのこベッドとは、土台がすのこになっているベッドのことで、布団やマットレスのカビ対策に非常に有効なベッドです。この記事では、すのこベッドの特徴、メリット・デメリット、種類などを詳しく解説します。ベッドの購入を検討している人は、ぜひ参考にしてください。 (時間が経つと薄まりますが), 家具屋さんで展示されてるモノの場合、結構時間が経ってるし、お店という広い空間にいるので気になりにくいんですが、新品で部屋に置いたときに塗装の臭いが気になる、という人が一定数います。, きっちりした商品ならもちろん問題ないんですが(それでも気になる人はいますが)、安いベッドの場合は注意が必要です。, マットレスと使うとそれほど気にしないでいいんですが、折りたたみ式のベッドで、すのこタイプなどは そうもいかないので、板の厚みやしなり具合を確認しましょう。, 詳しい説明は すのこベッドは、「すのこ」と同じく、通常は木材を使用して作られます。使用される木材はさまざまですが、金属等を使用するベッドとは違い、木の香が香り、癒やしやリラックス効果をもたらします。良質な木材であればあるほど、その風合いや香りが部屋の雰囲気を和ませてくれることでしょう。特にヒノキすのこの商品が人気となっております。, ・部屋の掃除が簡単に 通気性のいいすのこベッドでも、お手入れをしなければカビは発生します。マットレスや布団を定期的にベッドから外し、陰干しすることができれば理想的です。さらに除湿シートや除湿機を活用すること、またベッドの下を掃除することで、カビをシャットアウトすることができます。, すのこベッドは、その通気性が最大の特徴です。この通気性能を活かすことが、すのこベッドを使うための最も大切なポイントです。ベッドタイプ、商品によりすのこベッドといっても構造は変わってきます。どのすのこベッドが自分が求めるものなのかよく検討したうえでご注文していただければと思います。そして日本の酷暑に強く、木の香りが感じられるすのこベッドを、上手に生活に取り入れて快適なベッドライフを楽しみましょう!, 当店で人気が高いすのこベッドを購入の参考になるように紹介させていただきます。もちろんここで紹介仕切れないすのこベッドはたくさんあります。 「このベッドフレームALLOYS(アロイス)がよくできてる、10個の理由!」, icon-lightbulb-o ベッドを探すならぜひ見てほしい「ネルコ」というサイトについてまとめてみました。, 個人的によくできてるなぁ、と思う家具の記事まとめてみました! 通気性が良く、夏は快適なすのこベッドですが、冬には寒さが気になる場合もあります。 人気のダイニングテーブル、おすすめの18台はコレ!. 日本の夏は、とにかく高温多湿で寝苦しい。東南アジアなど、常夏の国から日本を訪れる方にとっても、日本の夏の熱さは厳しいと聞きます。すのこベッドは通気性能が良く、夏の湿気がベッド下部にこもることがありません。そのため、ジメジメと暑い熱帯夜でも、快適な眠りにつきやすくなります。, ・リラックスできる Contents. 人気のパソコンデスク 10台選んでみました! 1.1 すのこベッドは夏は涼しいけど冬はスースーして寒いという人もいます; 1.2 すのこベッドは寝心地が悪いってホント?. これはすのこベッドのタイプによっては当てはまりません。しかし、脚付きタイプのすのこベッドの場合は、ベッドの下に空間ができるため掃除機をかけやすく、さらにロボット掃除機も入りやすくなります。また、折りたたみタイプ等の「すのこベッド」の場合は、移動が簡単なので、やはり掃除をしやすくなります。, ・折りたたみ式のすのこベッドなら省スペース すのこベッドは、カビ対策になるとお話ししたばかりですが、完全にカビが生えないという訳ではありません。カビはしつこいもの。すのこベッドにカビは発生しにくいのですが、少しだけお手入れしてあげる必要があります。マットレスはそのままにするのではなく、布団と同じように、定期的に陰干しするといいでしょう。, ・布団でもマットレスでも すのこベッドは、構造上、湿気がこもらず、カビの発生を抑制することができます。すのこ状の構造は、通気性能に優れるため、マットレス下の空気は、よどむことなく常に動いています。人は睡眠中に汗をかきますが、その汗もマットレスや布団を通じて湿気に変わります。すのこ構造で空気に動きがあることで、このような湿気を排除し、カビが生えにくい環境作りをします。, ・日本の夏に強い すのこベッドのすべてから検討したいという方はメニュー、もしくは下部の関連情報の「すのこベッド」から検索してください。, すらっとした木脚に美しい木目が人気の脚付きマットレスベッド2台を並べて夫婦の寝室のベッドとしても使える商品です。すのこは天然木を使用したものでマットレスだけでなくお布団の利用も可能です。ナチュラル、ホワイト、ブラックの色違い【Jouir】ジュイールはこちら, 一般的に言うすのこベッドとはちょっと系統の違った商品ですが品質・人気が高いので紹介させていただきます。ガス圧式収納ベッドですのこ床板を採用した商品でお布団の利用も可能でしかもベッドで布団も干せる優れモノとなっております。日本製でしっかりしたものを探している方におすすめです。, 【ベッド通販 安い/おすすめ/収納ベッド/フロアベッド/跳ね上げベッド/日本製ベッド/畳ベッド/マットレス付き/連結ベッド】. 夏に強いすのこベッドは、その通気性が影響して、冬は少し寒く感じることがあります。最近はホットカーペットや床暖房をお使いのご家庭も多いので、まったく問題ない場合も多いのですが、寒がりの方や手足が冷えやすい方は、少し工夫する必要があるかもしれません。しかし、対応方法はかんたんです。床とすのこベッドの間にラグマットやカーペットを敷いたり、マットレスを厚手のものに交換したりするだけでいいでしょう。, ・少しだけメンテナンスが必要 すのこベッドの特徴は、その通気性にあります。ベッド下に空気の流れができることが、すのこベッド最大の魅力。その為、たとえ脚付きタイプで大きなスペースがあったとしても、そこにたくさんの物を置いてしまっては、通気性能を最大限に発揮することができなくなってしまいます。通気性能を損なわないよう、ベッド下には物を詰め込まないことがポイントです。, ▽夏は快適、冬は… 次に、すのこベッドのデメリットとして思い浮かぶのは、すのこベッドに敷く布団やマットレスが薄手だと、寝心地が固く凹凸ができてしまうかもしれません。 コーナーのテレビ台、おすすめの5台はコレ! これは、主にすのこベッドの構造に由来するものだと考えられますが、すのこ構造により寝心地が固くなりがちです。薄手の布団を敷くと、多くの人が固さを感じるはずです。そのため、基本的にはマットレスの方がすのこベッドに適しています。布団を敷く場合は厚手のものがいいでしょう。, ▽音